2014年06月23日

組紐のお話 帯〆ものがたり


帯〆ものがたり(13)
江戸時代 町文化が栄え、組みヒモは
装飾化と多用化が進み、主に
武士用として江戸組ヒモの伝統が
築かれました。
鎌倉時代に豪華な武具のヒモとして
組まれた流れは、この時代に繋がり
職人達は、精魂込めてくみました。
馬具 鎧 弓具 戦国時代から安定した
時代にも必要としてこれらにヒモは使い
ました。当時にはかなり高価なヒモだった
事は間違いありません。
江戸後期には、羽織が出現し、羽織ヒモ
手箱 掛け軸 文庫 鏡台等、調度品の
飾りヒモや、傘 小物根付ヒモとして
身の回りの品々に組ヒモが使われるようになり、需要は急速に広がりました。


紗袋帯でございます。
締めた時お太鼓が二重になります。
もっとも格式高い帯と言えるでしょう。
おめでたい席 発表会 茶会などに
いかがでしょうか
着物は 訪問着 色留め 留袖 附下等に
ご利用頂けます。(お値打ちです)




*一人ごと・・・・ひよこひよこパン
 最近ベランダに、バンの切りくずや 果実を
 置いてあります。
 毎朝7時半ごろになると5、6羽のスズメ家族がきます。
 網戸ごしから彼らを見ながら朝食していますが、親鳥がヒナをつれて
 たべさせています。そんな所を見ていると、鳥たちも家族して
 子供をまもっているのかと思うと、暮らす事に、人と何ら変わりないなと
 思いました。 (私が近づくとさっと飛び立つのですよ なぜ?(笑))
 自然の世界に暮らす鳥たちにも、生きる使命があり、子育てする
 様子が 立派に見えました♪ (怖い人には近づかない?(笑))
 昨日メロンを食べた後の所を置いておきましたら、大きなカラスが
 来ましたので、追い払いました(笑)
 公園が近くにありますので、いろんな鳥たちが、遊びにきて くれます。
 忙しい毎日、ちよっと安らぐひと時を過ごしてから事務所に来ています。
 さぁ今日もがんばろっ!ってね♪

 青い屋根の普通の小さな家屋から発信♪
 呉服の道46年 着付け教室 作法教室主宰

同じカテゴリー(帯〆ものがたり)の記事画像
緑が多くなる頃・・・
仲良しこよし♪ お手て繋いで
台風を気にしながら一日
秋少しずつ・・・
ありがとうございました♪
ご案内でございます♪お待たせしました♪
同じカテゴリー(帯〆ものがたり)の記事
 緑が多くなる頃・・・ (2018-04-28 14:19)
 仲良しこよし♪ お手て繋いで (2018-01-10 20:16)
 台風を気にしながら一日 (2017-09-17 18:54)
 秋少しずつ・・・ (2017-09-06 19:26)
 ありがとうございました♪ (2017-05-22 19:42)
 ご案内でございます♪お待たせしました♪ (2017-05-17 22:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。