2014年06月17日

紗コート


4月頃から9月頃まで、
ご利用頂ける、紗コート生地です
春先少し気温が上がると、袷の
コートは暑苦しい感じがしますが、
このコートをお召しになれば
すっきりとして、軽く感じ、爽やかに
過ごせます。
道中通りすがりの人も、その姿に
うっとりされることでしょう。
秋口も同様に塵除けとしても
保温の役目もしてくれます。

立て絽に薄いピンク色ぼかし染めの
附下でございます。
薄い色がなんと品の良さでしょう。
こだわらず幅広くご利用頂けます。

上前 袖 後身頃に横段の刷毛染めが
してあり、優しい趣を現しています。


夏の長襦袢について

先日こんな質問がありましたので参考までに
お話致します。
「絽の着物に麻の長襦袢を、勧められたが、
どうもそぐわない、呉服屋さんはなぜ麻でも良いからと言うのでしょうか」
昨年も同じような話がありました。
「あるデパートで附下を買ったけど、麻を勧められた、在庫がなかった」と・・
麻の長襦袢でも違反ではありませんが、着て頂く側の好みも有ります。
絹のようなしなやかさはありませんので当店は理想的ではないと言う意見です
駒絽など絽の訪問着、小紋 無地等絽には風習ある絽の襦袢がいいでしょう。
紋紗は、さらりとしていて、絽の着物でも爽やかに感じます。
 (地模様が入った紗の襦袢 単衣から利用できます)
は、夏物の織の着物、麻の着物 綿などには理想的で自宅でも洗えますので
普段使いにも涼しく便利です。
最近では絽絹長襦袢も自宅洗いも出来るものがありますが、
洗剤に気を付けましょう。
ポリエステルの長襦袢も便利ですが、風通しが悪く涼しそうに見えて
結構暑く蒸れます。少々高くても普段お稽古等お出かけには
紋紗 麻をお勧めです。麻でもいろいろ有りますので、良く訪ねて
納得のいくものを、お求めくださると後悔のないお買い物となる事でしょう。


当店の着付け教室では、講義の中で、現物をお見せして、詳しく説明させて
頂いています。
青い屋根の普通の小さな家屋から発信!



Posted by おかあさん at 19:13│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。