2016年06月30日

梅雨の日々 ・・・


えっ~ ?? 家族ふえたん??
えーっそうなの??
へーっ  びっくりしたーぁ
いゃー これはうれしいお話・・・
3、4日ぶりなのに 会うんだけど・・・
思うんですけど ・・・
だれから   習ったん??
だれから エネルギーもらうん??
だれから 赤いろ つけてもらうん??
凄く元気じゃない・・・!
まだ小さい子いるねー いっぱい・・・
あのね その頑張りようは たしかに
良い見本だわね・・・・
雨にぬれても 風が吹いても 蒸し暑くてもさっ
こうして 親をしてるんだね~ 主人公は えらいね~♪ 
 
長久手市杁ケ池 通り道



きもの着付け教室

新しい人が入りました♪
浴衣の練習をしています。
恥ずかしいから向こうむいてるね(笑)







お太鼓形創作結びに
挑戦しています
笹ひだを何回もたたみ
練習しましたね
大きく出過ぎてもいけないし
バランスが大事です



なんとなーくもう少し・・・ですねー
羽根が大きすぎたのと
左の羽根 たぶん
一つ山三枚ひだのつもりかな・・・
きちんとたたんで出しすぎないようにね
全体に優しさが乏しいね~
長襦袢からここまで15分
良く頑張りましたね 〇〇〇三つですね(笑)
本当は5個ですけど・・・・
始めて結んだので、おまけしたいけど
もう一回次回お稽古してみましょう♪
出来るつもりが、できない
出来ないと思うけど出来ることがある
不思議な力が手の中にあります。
頭の中での思いと、胸に秘めた 思いと
覚えた技術が手の中にあり
ある日とつぜん 出来るのです
こつこつ覚えてこそ 宝うでになりますね♪




日進市のお客様から電話がありました
たくさん取れたので、取りにきて~
雨の中 畑で収穫されました・・・・
いんげん豆は二種類 教室の皆さんにおすそ分けしました
牛肉 玉ねぎと煮たら まぁ 美味しかった事♪
ありがとうございました・・・

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 19:21Comments(6)伊勢型紙 江戸小紋

2016年06月28日

雨季の季節晴れ間スター



おはようございます♪
お花写させて頂いてよろしいでしょうか・・・・♪
はい どうぞ どうぞ・・・・♪
時々の晴れ間  張り切っています・・・
スマートな 品格  友だち・・・
この家族の有り方  いつも一緒
同じ 時期 同じ 色  同じ所・・・
同じ 光を受けて  同じ背丈で
このまとまり方 政界 社会 学校
各家庭に メッセージ届くかしら・・・

長久手市杁ケ池通り道




伊勢型紙 江戸小紋(2)

江戸小紋の見本布
大きな帳面に張り付けてあります
これ あれと言いながら相談して
これに この色と決定です
9月ギャラリー森の響さんで
展示をさせて頂きます
準備着々と進んでいます
夢の小紋型紙を作る人が
今や少なくなりまして
貴重な日本文化となりつつ
あります
染める人 長い板場に布を置いて
染めていきますが昔ながらの
仕事の重さをご覧頂きます







この舞子さんを取り囲むように
皆カメラを向けています・・・・
お正月もお祭りも一緒みたい♪
はんなりと にこやか
ここにありました・・・
帯は紗丸帯で涼しげでした・・
一昨年から始まった
5花街の踊りの会はとても
評判が良くチケット確保が
難しいと、隣席のおばさまが
話しておられました・・・
南座は耐震工事の為
今年は舞台がかわりましたが
2日間は華やかで優美で各派の
舞踊が観賞できました
展示会にご来場
ありがとうございました。
(5花街とは京都の花街5つの街)

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 15:02Comments(5)伊勢型紙 江戸小紋

2016年06月27日

都の賑わい・・・京都



  お単衣のお振り袖
  夏の染め帯 流水にうちわ模様
  舞子さん用の帯は長く重い
  何でもないような 楽そうな雰囲気 ・・・・
  夏の風景模様がなんとも言えない
  写させてもらいます♪ と一言
  くるりと後姿に 愛らしさ・・・・
  雲り空 涼しい一日 夕暮れ・・・
  夜はお座敷のお仕事かしら・・・・
  都では きもので賑わう・・・・2日間



普段の舞子さん
附下お単衣を着ておられました♪
今日はお休みですね♪
帯は夏用名古屋帯を締めて
可愛い色目のきものでした
ありがとうございました♪












今年は祇園甲部歌舞練場
1階特別席辺りは
舞子さん、芸子さん 
お茶屋さんのおかみさんと
そのお客さん席
華やかな会場
きもの姿の多い事
本当に日本文化・・・ここにあり


京都駅に着くと
ひんやり涼しい…意外でした
蒸し暑い京都とは思えない・・・
おなじみの鍵善さんに
まず向かいました・・・
昔から続いている有名店
特に くづきり の名店
午前10時頃 お客様も少なく
静かにゆっくり 
くづきりを味わいました♪
黒蜜を付けて頂くと、ほっとする
なんとも優しい都の味・・・
八坂神社から西に通る四条通り
一力料亭角から花見小路を南に入ると
毎回開催する展示会場
この通りはいつも外国の人が多く
街並みを写すグループが沢山ありました


この器 漆器で出来ているので
昔お店のおかみさんは
丁寧に扱っておくれやす って
客に、注意しておられました。
右がフタですが、傷がつかなうよう
模様を身ながら頂きました・・・
(写真お許し頂きました)

この頃京都の町もかわりました・・・
仕事で時々行きますが、人の賑わいが大きく変化したような気がします
大きなケースをひきながら歩く人達・・・
ゆかたを着て日本を楽しんでいる人達
喫茶店で日本のアイスクリームに舌包みしてる人
あちこち会話ができない人達がいます・・・
でも大事なお客様ですので、自然体で通りぬけました
たのしい旅で有りますように・・・・・・・

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信


  


Posted by おかあさん at 18:32Comments(2)

2016年06月22日

梅雨の中少しづつ夏近く・・・・



 夏至
 日長く夜が短い・・・
 木々の葉に降った雨がぱらぱら落ちる 
 それは 青しぐれ・・・
 茗荷がおいしいね・・・
 オクラが身体を 労わる・・・・
 もうすぐ はも が旬 食べたいなー
 天からの光 自然の空気が
 いろんなことを 教えてくれるねー
 美味しい物 たくさん食べたいねー
 元気で いようーねー  井戸端会議・・・
 
 長久手市 熊田 通り道





伊勢型紙 江戸小紋



昔から伝わる伊勢型紙による模様
こつこつ紙に穴をあけていく作業から
こんな細かい事できるのかしら・・と思うほど
繊細に繊細の仕事が、絹の生地に染め上げました。
手作業ならではの仕事ぶりに感激でございます。
9月14日から 日進市米野木町 
ギャラリー森の響さんて展示させて頂きます

現在企画製作中ですので、改めてご報告させて頂きます
その節には宜しくお願い申し上げます。


お友達ご紹介します♪

当日彼女とコラボレーイション♪
トヨタブーログ
プリザーブドフラワー教室 
ノンコタフロールさんとご一緒します。


*始まり はじまり・・・
お話広場が随分広くなりました・・・♪
お逢いもしてないのに電話で爆買い! 
いえ違います爆(笑)
ずっと前から知り合いだったのかしら と
思うほどなんだか引き込まれました(笑)
お誘いしましたら快く引き受けて
下さいました
和の文化とどれだけマッチするか
今から楽しみです。
みなさまどうぞ宜しくお願い致します。

出会い
出は 一歩前に踏み出した強い足跡
合いは おきいーい(大きい)鍋に、具がたくさーん(沢山)集まると
言う意味ですので、この広場がますます広くなりますように祈っています

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信   


Posted by おかあさん at 21:00Comments(4)

2016年06月19日

岐阜ふるさと・・・



   この入口にお迎え頂きました・・・
   小雨のなか いま 故郷にいます
   ずっと昔 お堀がありました・・・そんな気がする・・・
   お城の風景は ほんの少し・・・
   もう少し南に中学校
   子供の頃の 通り道


加納城の入口
遊んだ道



戦前からの学校の門

お城内の加納小学校
終戦後、数年過ぎた頃
当時黒っぽい屋根の大きな講堂の前に、植木3本目あたりに立っていた
二の宮金次郎像を見ながら母は、一年生の私の手を握り
「まりこ毎朝おはようございます 帰りはさようならと言うだよ」と
私に教えました お辞儀をしなさいといって二人でした事を
思い出しました・・・・      参加日には、
何時もの割烹着をはずして、着物を変え学校に来ていました・・・
少し離れたところに聾学校が有り時々大きな太鼓の音が聞こえて
なんとも言えない心地良い音色を聴きながら下校していました・・・
レンガが積まれたこの門は幼い少女の私を迎え、
送ってくれた大事な思い出門です

小学校5、6年の担任であった先生の奥様が93歳でお元気でお過ごしです
前からお約束してあったので数年ぶりに伺いました
先生の遺影にお花を添えて感謝の気持ちをお伝えしてきました。
子供の頃の思い出に感謝と言う言葉も気持ちも上手に伝える事は
できませんでしたが、時折お伺いしては、お話をさせて頂き、
懐かしいその頃に、お世話になった事へ改めて
お礼のきもちをお届けさせて頂いています。
故郷はいろんな思い出が有りますが、母と歩いた道がそのまま変わらず
今ある事は本当に感無量でした・・・


この周辺は面白い
町名がついています
私が住んでいたところは
鉄砲町 隣は長刀堀とか
倉庫と言うかそんな
蔵があったのでしょう・・・・か 
加納城城主の菩提寺が
有る道は永井町 など
小さな城下町は静かで
おっとりした傘の街です
梅雨の一日  幼い頃に戻りましたました・・・・

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 19:35Comments(2)

2016年06月16日

梅雨の季節お見舞い




梅雨入りは 栗 花 落 (ついり)とも言われます
雨が降る中 くりの花が咲き 散る事から
当て字をしたようです
季節が変わる事は
食べ物や服装や、人々の生活形式も
かわります
字を見れば古代の物語が見えるようで
現実を見れば一日の速さに
これは大変と思うし 人の道も
心が忙しい・・・日々です
みなさまどうぞお身体大切に
お過ごしくださいませ。




あれーえっ これは重症です



右の帯び〆
白に小さな模様がありました・・・
3,4年前の物だと思いますが、春から今頃迄
お単衣着物によく利用していました。 気が付いたら
先は解けていました!
白はもう使いこなしてしまって消去かもしれません・・・
左は帯〆自体が単衣用で、表裏が使えて大変便利に
使っていましたが、2,3日前パラット落ちました なにが・・・房です
ビックリしました こんな事まずありませんもの・・・・
私の使い方が乱暴だったのか 使いすぎたのか ・・・
でもまずこれは 速入院です・・・ 救急車連絡病院
京都の組み紐屋さんで治療してもらいます(笑)
毎日着物ですので帯〆も大事な友だちです
いくらなんでもこんなにひどく使わなくてもいいのにね~
めったにない事こそ 「大事にしなさい!」と言う忠告なのでしょうね
人も物も同じなんですよねー
はい 解りました きをつけます♪

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 16:33Comments(4)

2016年06月14日

梅雨の晴れ間



  ふふふん♪ うふっ ♪と
  お見逃しなく よろしく ~♪
  バックして ぱちり ・・・
  そう それで安心しましたわ・・・
  この道は 車が多いですよね 
  でもね この存在  おわすれなくね
  ふふふん ふふふん♪
  オシャレ ハミング♪
  白いドレス 似合うでしょ
  きょうも 明るく 素敵な日

  名東区藤見ケ丘通り道




東京本長板染め
手造り豆引き染絹紅梅

  
この着物は
綿と絹で織りました
涼しくて お値頃で
夏の夜も爽やかに
過ごせます。


透き通るようで
そうでもない着物地
染色の色目は年齢関係なく
皆さまにご利用頂けると
思います


地味のようですが
真っ赤な帯を締めてみましょうか
それとも真っ白な帯かしら・・・
お好みを締めて頂き
お楽しみ下さいませ。


















外から帰りましたら物置にデラックスな
イエローキングメロンがありました・・・
毎年今頃頂く、渥美半島からはるばる産地直送
季節の変わり目にその時しか味わえない果実
お野菜 お魚 など 旬の物を喜んで頂いています
私の元気は皆様のおかげでございます
ご来店のお客様におすそ分けにと冷蔵庫で冷やしております。
本当にありがとうございました。


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 20:54Comments(0)

2016年06月13日

小雨の一日・・・・



  こんな日 
  私たちは はみ出して見たぁ~
  屏を超えて こんにちは♪
  誰もが 忙しそうに 走るみち
  振り向きもせず
  話しかけるわけでもなく
  せわしい 毎日の通り道
  それでも 今しかない!って思って
  私たちの 役目時期 かな・・・・
  あふれんばかりの この活力
  みなさまに お届けです・・・・・
 
  東名高速道路 沿い 日進市 大学校近く



まりの会作法教室
流儀のないお抹茶の出し方 頂き方



特別講習会として
お稽古しましたね
4回目のこの日復習をかねて
取り組みました♪

6人分のお抹茶をはいています
空気を入れるといっそう
美味しくなります
下にタオルを敷きティシュも敷いてあります
優しく こぼさないよう気をつけましょう
人数分だけ用意するのでなく多い目に
準備する事 が大事でしたね・・

お菓子の係りの人は準備をしています。
銘々皿を使う場合
一つの器に入れて使う場合
懐紙を使う場合など説明しました
茶道とは違いますが、それでも
その心得を大事にしながら
お客様にお出しする時の
所作など練習しました。


2服目には、干菓子を用意します
今回は金沢市から取り寄せた紙ふうせん
丸い中に可愛らしい ゼリーは入っています
みんささん わーっかわいい!






交代に一人ずつお茶をたてて頂きました

お抹茶になれる 楽しむ事
応接間や、気軽な場所で抹茶を立てる事は
格式を大事にしてないと茶道の先生に
お叱りを受けるかも知れませんが、
お抹茶を楽しみ 語らい 雰囲気を知り、
和の世界になじむのは、前に一歩前進であり
大変有意義な事と思います。

お稽古に通えない人
お抹茶の飲み方を知りたい人 自宅で気軽に楽しみたい人
ちよっと知っていたら嬉かもしれません
そんな方々にご指導させて頂いています
7月から4回コースで始まります。 プリントも用意しています。
ぜひ ご参加下さいませ。 お待ち致しております。
四季折々のお菓子 器などの風景が有りますので
続けられる事をお勧め致します。

稽古日 第2土曜日午前10時~12時まで 月1回

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信


  


Posted by おかあさん at 20:41Comments(2)

2016年06月11日

蒸し暑い―ねー



   あのね・・・・・
   友だちがね・・・・
   みーーんな  がんばってね
   咲いてるんですげどね・・・
   活よい良く パーッと開くにはね
   青空 と 空気 と 光
   同じくらい 要るんですよね・・・
   この蒸し暑さ・・・・汗タラ タラ・・・
   6月  スペシャルゲスト
   さぁ  がんばるよー♪
 
   長久手市 杁ケ池通り道




まりの会作法教室

やっぱり
おかあさんしてる・・・・♪(笑)
春日井市のお得意様から
急遽瑞浪市迄行くことになりました
19号線をひたすら走る・・・・
行きなれた瑞浪の駅近くを
通るとまた ・・・・!聞こえる・・・!
ケイリン えみをや まりりんの・・・
あまからやさんの五平餅
恵那駅が本店のこのお店はいつも忙しいです・・・
車の中でいい匂いを利きながら名古屋に・・・
お作法の皆さんが待っている・・
お茶を飲んだ後 紅茶のむー?と私
のむー!一斉!♪ 返事 ・・(笑)
大事なクラッカー追加です♪
本番まで座ってる大きな娘たちです(笑)



先日ノートを整理していましたら
人情の機微の言葉 について
大分前に作った原稿が目に止まり、
ここから会員心得につなげようと思いました
人情とは 人に自然に備わっている愛情
機微とは 表面に現れないかすかな動き
と言う意味から 人様のとのお付き合いに何が大切か
人の役に立つほどの思いやりをどうするか
温かい気持ちをどんな形で伝えるかなど日頃の心得をどうしたら
良いのか、孔子の話も交えて細かく お話をしました。
真剣なまなざしで聴きこんでノートしていました・・・・
五平餅と、紅茶が効いたのかしら・・・・
無口の?平下疲れました・・・・(笑)
青い屋根のふつうの小さな家屋から発信

  


Posted by おかあさん at 21:34Comments(6)

2016年06月08日

ブロ友ようこそ♪



    曇そら・・・
    ママに乗せられて ここまで
    私の お嫁入り・・・・
    まり屋のおかあさん 
    さっそく お水の中で お手入れ ・・・
    品のいい 花器  私に似合うかしら・・・
    私たち  おちつきました・・・・
    ここで  お役目 当番です♪
    豊田から  はるばる・・・
    ママ ありがとう♪ がんばるねー

    豊田市から お嫁いり





綿紅梅 豆引き染
長板染による普段着は
夏の夕べに着ここちよく
お稽古着にいかがでしょうか





大豆 まめの汁で一度染めて
再度型紙を置いています。

名古屋帯を締めて
街へのお出かけにも
着用して頂けます。
オシャレ一点
ほんの 普段着を
お楽しみくださいませ







*昨日 
 トヨタブーログのお友達が
 来て下さいました。
 ずっとしまい込んであった
 長襦袢の襟が変色して、
 どうしたらいいのか、
 ご相談でした・・・
 
 半衿がついていないのですが
 黄ばみは気になります
 良く見ると綿芯に絹羽二重が
 芯と一緒に縫いつけてありました。
 衿先布はなく綿芯の端が出ています。
 当店とは仕立て方が違うので きれいに直すとなると
 全部襟を取り外して、直さないといけません・・・
 お金かけず、あまり解いたりせず 半襟をその上に
 付けることになりました♪
 塩瀬の半襟を乗せてみましたら、黄ばみのしみは
 解りませんでしたので、 当店がお勧めする半襟を
 つけました すっかり見違えるほどになりました♪
 これでしばらくの間ご利用頂けることでしょう。
 半襟は消耗品ですが、当店の半襟は何回も使えます。
 毎日着物の私も、工夫してとことん使っています(笑)

 ご遠方からお出かけ頂きまして 本当にありがとうございました。
 お出会いに 心から感謝申し上げます
 お土産もありがとうございました・・・


 青い屋根のふつの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:35Comments(0)