2016年01月30日

雑談 界わい・・・・



  あのう~  忘れていませんか~
 おのう~  1月終りなんですけど~
 ご挨拶 遅れた所に 早くいかないとね~
 新年ご挨拶は おしまい・・・・・・
 一人ではありません  もうすぐみんな元気に
 晴れやかに 登場です♪
 友だち 太陽 燦々・・・・
 早く来い はやく こい 春 はる・・・・
 2月4日 立春 ・・・・・まってるよー
 おばちゃん がんばってねー




雑談 かいわい
過日ブログに投稿した写真を見て
何を着ているのかご質問がありました・・・
恐縮ですが、なにか参考になればと
思いまして、おしゃべりさせて頂きます。

呉服屋の女将として、着物は
ユニホームだと思っていますので、一年通して
着物を着ています。
今の時期ふだんは、紬の着物に、船底袖でへちま衿の
ハンテンを着て 動きやすい身なりをしています。
この日は寒い事もあり、手持ちの中で一番長い羽織を着ています
真っ赤なゆるぎ組の羽織ヒモを結んでいます。
長すぎるくらいですが、コート兼用に使っています
グレー色にランの花が、ところどころにあり
小紋の着物生地1反で作ってあります。
改めてお見せするほどではありませんでしたが
長すぎ羽織 (笑い) は 温かくて重宝しています。
「羽織はこのながさです」と決めず、体型に合わせ
利用価値感等を活かし、楽しまれたらいかがでしょうか

羽織が便利と思うのは
胸周りが空いていて
帯の間に(前)切符 カード 札入れ等を入れています
時によっては、携帯も いれます。帯の間はフルに活用できます 
身体の前は全部大事なものが入る引き出しなのです
左そでにハンカチを入れていて、バックにはそれほど
大事なものは入れていません。
バックを開いたり閉まったりの作業はまず無く
身軽に行動できる便利上着なのです・・・

着物は黒に白い縞飛び柄が入った真綿結城紬を
着ていますが冬の着物として真綿の着物は最適です。
帯は塩瀬の染帯お太鼓に松竹梅の模様が有ります。
紬の着物は重圧感が有りますので、お出かけする時は
染め帯を締める事が多いように感じます。
季節に合わせ、着物 羽織 コートを使い分けて
利用しています。足袋はネル裏を履いています。
冬の恰好物として、カシミヤのショールも持参しています。
バックにいつも袋を用意していて、脱いだ時、たたんでしまいます。
こんなことでよろしかったでしょうか・・・・・

皆さま、お手持ちの思い出の着物などを羽織に仕立て直して
みてはいかがでしょうか  オシャレはここで 発揮です♪
着物相談お請けさせて頂きますのでお気軽にお電話下さいね
お待ちしております。


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信

  


Posted by おかあさん at 15:26Comments(0)

2016年01月28日

幻の絞り・・・今・・・(2)


  ねェ ねェ さぁー あのさぁ♪
  ぽっ -と するみたいねー
  あったかい  ん だから~ ♪
  小さいけど それなり ぽーっ
  いつも試されて しごかられて 
  良く出来たねー ね~  ささやかれて
  機嫌 直して 又 今日が ありますね・・・
  毎日  くりかえし せいっぱい ですね~
  こんなん あんなん と気合いれてみてー!
  さぁ さむさ 負けないで  一緒に唄うよー
  気をつけてね~


ほたる絞り製作中です♪

これは練習用の図面
綿を止める位置 具合 など
それは むつかしいです







綸子の生地にしてみました・・・
もうすこし丸くしたい・・・・・
さて どこを どうする・・・
糸かげん おさえかげん 
止めかげん・・・
絞り出来栄えにまだ遠く・・・





秘密兵器・・・・くらい大事な 
だいじな物です
昔のおばあさんは、図面など
ありませんでした
手の加減で綿をとり、丸め
止め しぼりました・・・・
本物の腕がない現在、
本当に近い作業を心こめて
試行錯誤しております。



幻のほたる絞りを何とかお値打ちに、お届けしたいと
 日夜試行錯誤努力中でございます。
 創業以来 帯揚げ 風呂敷  暖簾 名古屋帯 ショール
 着物 コート 長襦袢など 夏になると、教室を開講しては
 みなさまにオリジナルを作って頂いておりました。
 当時製作して頂いたお客様がいまだに、帯揚げを大事に
 ご利用下さっていたり
 帯や、きものを着用して頂いています。
 当時は巻絞り 縫い締め絞り などひたすら針で縫い
 専用の台で絞りましたが、それでも時間をかなり必要としました。
 どれも大作で素人が絞ったとは思えないくらいでした・・・・
 
 今回は少し違います 古の語り・・・まぼろし・・・
 一味違います・・・時代にあった素朴さ 優しさ 潤い 品
 なんでもないようでも 確実な存在感が有ります。
 当店では創業50年周年記念を前に、特別受注会にて
 承り会を予定で、現在準備が進行しております。
 復活絞り まり屋発 もうまじかでございます♪
 どうぞみなさま 染め上がりの時にはぜひともお手にとり
 ご覧くださいませ。
 予定として春頃発表し、ギャラリーでも展示予定をしております
 お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます

  青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 18:10Comments(2)

2016年01月25日

寒中お伺い申し上げます



  おお~ っ  さむっぅう~
 こ ん に ち わ~ 
 みんな 肩寄せあい  おしくらまんじゆう♪
 ねぇ ~ この寒さ おかしいね~
 標準に行くと良いのにね~
 唱も ふるえる ふ る え るね~
 時期が来たら がんばるさぁ
 お おさむう ・・・・・
 おばちゃん 気をつけてね ・・・・
 じっと 待つ 紅い実  がんばってねー
 大寒 一番寒い まいにち・・・・




まりの会作法教室
「芳名録」つてなに?と質問しますと
ほとんどの人が
名前を書く帳面くらいしかいえません
間違いではありませんが
もう少し丁寧な言い方はないでしょうか
しばし考えますが、浮かばない・・・・
他人の名前を敬って言う事で
お名前をしるす 又は写し取る記録
書きしるした物 と言えばきれいではないでしょうか
何度も書き方を稽古していますが
初稽古の折反省があり、復習をして頂きました。
参考までに
お名前のみ記入の場合全体の3分の1少し上から書きます
お所 お名前になりますと少し変わります
どこかでご記入をと、進められましたとき
迷うことがないよう、日頃から気をつけましょう
何度もお稽古しながら、しっかり覚えて頂いています。



初稽古に欠席した人の為に
ちらし寿司を作りました。
仕事帰りの皆さんはお腹を空かして
帰りますので、お変わりしていました(笑)
お米があちこちから頂きましたので
まだ大丈夫ですよ♪
パプリカ 黄赤 アドガボ 鯛 
水菜 ハム のり・・・・えーと
あと何入れたかしら・・・・(笑)
温かいお味噌汁が好評でした♪



この後全員揃うとお稽古のはじまりです(笑)
さぁ お腹いっぱいよ・・♪






風邪を引いてしまいました・・・
すぐに気管支にきて熱が出ますので
気をつけていましたが、早々に風邪とは
失格です(笑)
20日に注射をしてもらい安心してましたが
そう簡単にはいきませんでした・・・・
看護師さんが、こんなマスクがあるからと
教えて下さったので、早速求めました(笑)
日頃無口の?平下が2時間も話どおしだし
そんな私に
「前日前夜 ハードな行動だったし むりしたらいかんよ!」
電話に出た私の声が酷いのでその人に叱られました(笑)
なにも食べられませんでした・・・・
いつ昼か 夜かと思うくらい寝込みました・・
お陰さまで、やっと事務所に来て、仕事にかかりました・・・
まだ本格的ではありませんが、無口な平下で当分過ごします(笑)
昼用と夜用のマスクをしながら・・・・

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 20:00Comments(10)

2016年01月21日

ほたる絞り講習受けてきました(1)


 ここは、幼稚園
 おばちゃーん こんにちは♪
 はる 咲いて イッパイ のびるよー
 みんなで 大きい声で 唄おうね・・・・
 優しい お花の通り道
 希望に  満ちて 行くしかないね・・・
 今年のはじめはそろそろおしまい
 雪も ありがとう
 冷たい風もありがとう
 冬 それでいいのでしょう


ほたるしぼり これからの課題
これはほたる絞り復元のための
試作品です

大正時代から絞りを専門に
商いされていて、
京絞りについては
京都ではこの方に聞いたら
何でも分かると
お逢いして思いました。
お忙しい所、当店の願いを
聞いて頂き
本当にありがとうございました。
  
今やこの絞りは消えつつあり
手仕事をする人がいないと聞き
それではいけない何とかしなくてはと
昨年年末から仕入れ先の、担当者に
希望を伝えまして、やっとこの日がきました。


綿を手でちぎりながら、両手で
布をはさみ縫い付ける仕事を
とても上手にされる有名な
おばあさんが居られたそうですが
「継承することなくなくなられました」と
話ながらこの加減をどうしたらいいか
研究をされたそうです。
ぼゃとした可愛らしい雰囲気の
絞りは、やはり100%手作りでないと雰囲気がでません。




まず綿を丸める練習をしました
なかなか難しいですね
いい具合の丸さになりません





この綿の加減で、丸のはずが
染めてみると四角になってしまうのです
おばあさんの手のようにはいきません
そこで考えられたのはビックリ
有るものが登場しました・・・
(申し訳ありません 秘密です)



この形が理想です
これを布の表と裏にあてて決まった寸法に
針を通してきつく止めるのです







何回もするうちこれができました♪
止めてある洗濯バサミですが、
昔の物で、今では売って無いそうで
数個頂いてきました♪




*昨年日進市米野木町ギャラリー森の響でオーナーと
 7月に打ち合わせをしたとき
 「キャッチコピーでもいいから日本伝統とする
 これがもうないですよ と言う本物をみなさんに
 知らせてはどうでしょうか」と
 提案をいただきました。
 本物をもっと詳しく良さを深く知りたい
 聴いて頂きたい 消えず残したい
 着物を着て頂きたい 大事にしたい
 品の有る可愛い絞りの良さを知って頂きたい
 よくばりですが、一人でも多く皆様に知って頂きたい と
 鯛が(希望のたい) いっぱい胸の中で泳いでいます♪
 

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:13Comments(3)

2016年01月19日

奈良で心休め・・・



 こんにちは♪  はじめまして・・・・
 暖かいですねー 
 ここは飛鳥の里 自慢の私
 眺められて 褒められて 良い気持ち
 どうぞ ごゆっくり なさって下さい
 笑顔でお帰りなさいませ・・・・
 ありがとう ございます  
 ごきげんよう・・・・
 

何回も何回も土を重ねられて
今なお何百年の 重み
薬師寺の土塀
人の生き方にも通じる
物が見えるようでした。
この道 北に行くと
唐招提寺につくのです。
細い道に車が
行き交うのがなければ
もうここはずーっと 
古の昔道・・・




世界遺産の仏像としばらく
無で お話しました・・・




わざわざ迎えに来て下さったのです♪

奈良に在住の友人が忙しい中
迎えに来て、興福寺迄送って頂きました。
車の中でのほんの30分の再会でした♪
大事に思って頂けたことに恐縮し
嬉しくありがたく感謝いたしまた♪
共に作法の勉強をしてる同志ですが
ここに人の気持ちの温かさを伝える
心 配りを感じました。

東金堂の仏像と再び無でお話
彼が「良くきてくれたね、ありがとう」と
声をかけてくれた気がしました・・・
2人でしばらく涙しました・・・・


語り合うは、本当に慰めになります
奈良時代からの、国宝の仏像と語る事は
大きな温かい 心を得たように思いました・・・
歴史は大きな宝物を在し、祈る教えから
組紐 布(名物裂) 楽器 陶芸 漆器など他
数知れない文化を大陸から伝わりました。
その高級な格式は、当然守るが第一ですが
まず宗派にこだわらす 私たちは
平和 幸福を求めて祈り、人として
行き交う学びをしているのだと
しみじみ感じ、奈良のひと時を
感謝して帰りました・・・


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 10:13Comments(5)

2016年01月18日

奈良の薬師寺に伺いました・・・


 よくぞ まいられた・・・
 遠い古の 語らい・・・
 陰 陽 の 表現 阿形 吽形
 境内に鳴りひびく 仏法の声
 安らぎを 求める人の間に気合をいれ
 魔物をふせぐ もう一つの 気合
 ささやき  しみる思いを 鎮めましょう
 なにか 感じて 帰りなさい と




梅が春をまっていました♪
もうすく 香りと ともに
花ほころぶかしら・・・









お写経道場に伺いました
 道場で ユリのお花が
 迎えてくれました・・
 心静かに 見送る思いは
 言葉になりません・・・・
 仏の道を ゆっくり
 歩く人に  この世から、
 無事過ごせるよう
 祈りました・・・・
 救いはどこに有るか解りません・・
 ただ一筆一字 に 
 冥福を 祈る  それだけです・・・
 どうか この気持 
 届きますように・・・




*昨年夏8月中旬に、まりの会作法教室の
 生徒さんのご主人が若くして亡くなりました。
 しばらく悲しみに打ちひしがれ、辛い悲しみの
 日々を過ごしました。
 やっと少し立ち直り、出かける気持ちになりました。
 人生の先輩として、彼女を労わる言葉を選びながら
 お写経に誘いました。
 経験した者しか解らないとてつもない寂しさを、
 手を合わせ祈る事、自らの気づき 反省 感謝 など
 心込めた一字からほんの少し知ってもらいたいと思いました
 


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 14:57Comments(4)

2016年01月15日

晴れの日々・・・


 ねぇ ねぇ 寒いことない?
 そうねぇ  やっぱり 冬よ・・・
 ねぇ ねぇ 友だちたいよう がんばるねー
 そうねぇ  みんなの為なのよ・・・・
 ちよっと  あれ見て まぶしいよー
 ひかり 光  まぶしいねー ありがたいねー
 光 と言う字   広い ひろーい 心だって!
 何気ない 気が付かない 思いがない
 みんなそんなもんよ! 自分の事ばかりね・・・
 ねぇ ねえ  陰にいると 感じる ありがたさ
 私たち  唄うしか ないね~  お礼のきもち・・・
  
 にぎやかおしゃべり集い


市松紋様の袋帯
文様のお話(18)
石畳と言います。
色違いの正方形を
交互に敷き詰めた
入れ替え文様
平安時代には、(あられ)と
呼んでいました
単純ですが、古くから
みられ、工芸品、染織品
桂離宮の襖など
室内装飾にも、多く
使われました。
江戸時代歌舞伎役者の
佐野川市松が愛用したので
俗に市松文様と言われるようになったそうです。
石畳=市松 


格式高い文様ですが、
デザイン変化で気軽な
雰囲気がする物も有ります。
この帯、無地 小紋 附下等に
いかがでしょうか。
帯の中にある色の着物なら
だいたい品よく合う事でしょう
帯〆で色合わせして
使い道の広い帯の1点
現在特別価格に
させて頂いております
ぜひご覧くださいませ。








カレーラーメン鍋

*今週はやっぱり寒いですね
 雪が降らないので、助かりますが、
 降らないと困る人もおられる・・・
 四季通じて、様子を観ながら自然と
 仲良くしてそれにあった仕事をして
 生計を立てるは、本当に大変な事ですね
 先日
 ブーログ ぷ~さんの記事を拝見して 真似ました(笑)
 キノコを3種類いれて、ネギ沢山 ちよっと上等の
 ウインナーソーセージ カレー粉 
 はっと気が付いてあわてて写しました(笑) 美味しそうでしょ♪
 いえ 本当に美味しかったですよー  体が温まりました♪   
 ぷ~さんありがとうねー


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 11:59Comments(2)紋様のお話

2016年01月12日

まりの会作法教室初稽古(2)



  はーい♪  こんにちは―♪
  友だち たいよう 光 さんさんと・・・   
  おばさーん お洗濯 ほせたかしら~
  そう よかったねー
  一日 が飛ぶ 飛ぶ 鳥のように・・・
  気が付けば  半月すぎて はる待ち
  おめでとうは過ぎて  もう言えない・・・
  花びらも もうすぐ終わる・・・
  繰り返す日々に感謝だけ・・・・です
  と そう言って 次のあしたに向かいます♪


まりの会お作法教室初稽古(2)

ご一緒にお願いしますと挨拶しています
昨年練習の時よりきれいに出来ましたね
次に席入りの人はもう少し後ろに
控えて頂きたかったですね。
戸が有っても無くても出過ぎない事
気をつけましょう
順番は必ず来ますからね(笑)







煮物椀がでました。
全員そろってから、
「お熱いうちにどうぞ」と言われたら、
取り込んでふたを開けますが
まぁまぁ あちこちになってるねー
裏にいると、なんてことやら(苦笑)
毛氈の上に汁ものは
置いていけませんよー 
先輩の人 気を配り・・・・
見てあげてくださいね~
苦笑の連続でした・・・・



お抹茶が出ます
お菓子を頂く時お隣に軽く挨拶してから
自分の分を取ります
 





500円前後のプレゼントを
持参してもらいました。
お互いに訪問をした仮定です。
新年の挨拶をして贈答品を
お渡しするお稽古です
ジャケンをして組合わせを決めました
お金をかけないで それぞれに
用意した、物で贈答品の届け方を
今まで稽古した1分スピーチを
何気ない会話にして渡します。
プレゼントをこのような形で渡すとは、思いもかけず
皆 びっくりぽんでした(笑)

会話が難しいですね
温かみのある雰囲気でお話をして
頂きたいものです
自分一人良ければ良しでなく
先輩は、後輩に気配りして、
後輩は先輩を見て
お互いに研究心を持ち習って下さいね
いつも言いますが、ここは茶室ではありません
作法を身に着けるところですので
優しい思いやりを現して頂けたら嬉しいです。

  心がけて頂きたいこと
* お年賀 はだいたい7、8日頃まで 掛け紙(のし紙)
   「お年玉」ご自分より年下、年上は 「お年賀」が理想です
   この日くらいまで 「あけましておめでとうございます」の
   会話でもいいでしょう
   あけましては本来除夜の鐘が鳴り終わる頃言います
* 「新年ご挨拶」 は この後の日からで 初釜 初稽古に、
   又他家訪問などの贈答に挨拶言葉として使います
   「新年おめでとうございます」 と言う方が理想的です
* 15日過ぎ大寒の前後「 寒中お伺い」
   または「寒中お見舞い」になります 節分前日迄です
* 節分が過ぎると立春ですから 「余寒お伺い」
   又は「余寒お見舞い」になります
   手紙 進物などに使うといいでしょう  
* 贈り物にはかけ紙をして(のし紙)紅白水引で
  上に目的 下に誰からを書きましょう  
  無地は意味が通じず、失礼になりますから気をつけましょう
  時々お店で 「大げさになるから」 と耳にしますが
  世界中探してもない日本の大切なしきたりを正しく
  使いこなしで頂きたいと願っています。


  まりの会作法教室では、1年通して、最低限必要な
  冠婚葬祭 年中行事 雑学等お稽古して頂いています。
  知ってるつもりが、違っていたではいけません
  一緒にお勉強しませんか お気軽にご参加くださいませ。
  
青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:09Comments(4)

2016年01月11日

成人式おめでとうございます♪



  わーっ お幸せ で す かぁー♪
  昨日今日と成人式をお迎えの
  皆さま おめでとうございます♪
  お祝い申し上げます♪
  さぁ これから大人の仲間入りよ♪
  登り道 下り道 花道 いろんな道
  どこもあぶないからね 気をつけて
  走るんですよ  心して 頑張ってね
  みんなで 見守ってますねー
  出発 よーい  スタート ・・・!車車自転車走る走る
  




   成人の日の一日
   皆さま本当にありとうございました。


お天気に恵めれて良かったです♪
この娘は、小さい頃から
まり屋に来ていて 随分いたずら
しました(笑)いい娘さんになりました・・・
お母さんが早朝から美容院に走り
忙しくしていました。着付けをしながら
「お母さんにありがとうございますを
言いなさいね」と 
まりママの役目で伝えました♪
今年も早朝から振袖着付けをさせて
頂きましたが、皆さまのお幸せを
祈りながら見送りました
                      


こちらは2度目の成人式

ご結婚記念に振袖をきて頂きました♪
ご主人さまのご協力で写真を
写す事が出来ました♪
お幸せにお過ごしくださいますよう
心から願いました。
まぁちゃんと えみちゃんの二人が
黄金の腕を新年に発揮しました♪
お疲れ様でしたね
共に着付け教室のお仲間同志
心を一つにした着付けは成功でしたね♪




日頃の成果がきちんとできましたね
挨拶 無駄口なし 早く きれいに 楽に
心がけて頑張りました。
出来上がったとき二人を
良く頑張ったねーとハグ してあげました(笑)
弱音はき虫のまぁちやん出来たじゃないの・・・
こつこつえみちゃん完成ね・・・
準備から仕上げまで30分内と言う約束
クリアでした 良く頑張りました◎ (笑)
私にとっても、とても嬉しい楽しい一日でした♪


*ここの習い事は人の役に立つ事が理想です
 特に着付け教室と言ってもすぐに仲良しになり
 年関係なく和気あいあいです。
 共に分かち合う心を大事としていますので、同じことをいつも
 言いながらタイムをみては、小さなつぶらな瞳を光らせています(だれっ)

青い屋根のふつうの小さな家屋から発信
   


Posted by おかあさん at 18:09Comments(6)

2016年01月10日

まりの会作法教室初稽古



 おばさま こんにちは♪
 もうこれ以上ないと思うほど 
 行き届いた 気配りの結晶 だもの・・・・・・
 おばさま・・・・そうではありませんか?
 うれしい お水 美味しい エネルギー剤
 優しい お届け有ればこそ です
 こんなお届け愛は 手配り 気配り こころ配り・・・
 私の お花 いいでしょ  愛いっぱい!
 あしたも お元気でねー  ごきげんよう・・・・♪

 胡蝶蘭の館 散歩道


お作法教室初稽古しました♪(1)

みなさま 新年
おめでとうございます
今年もよろしくお願い致します








昨年春から着付けのお稽古をしまして
やっと自分着付けがきれいに
出来るようになりました♪
お作法も、特訓の成果が出て
綺麗に、皆様にご挨拶が出来るように
なりました。
本当によく頑張りましたね♪






今回の当番が、お天心を運びます
部屋に入る時 挨拶言葉 所作など
後で黒子が(笑い)小声で言っています







盆を受けたなら、まずそのまま置いて
お隣さんにお先に と言ってから
自分に引きます
この頃皆さん大分上手に
出来るようになりました♪





ちーちゃんが下さった冬イチゴは
ピクルスにして保存してありましたので
手作りヨーグルトの上に、紅く日の丸イメージで
いれまいた・・・♪
手前は好評の
かぶら、ゆず パプリカ黄赤 キュウリ
大豆 セロリ のおなじみのピクルス



*暖かい今日 初稽古を致しました
 受付で 芳名録に記入 会費の置き方
 席入りの仕方 新年の挨拶 お菓子の用意の仕方
 お菓子の取り方 お抹茶の頂き方と
 当番は失敗をしながら大笑いしていました・・・・
 第2部では、また難しい事をしましたねー
 誰もこんなこと答えがいえない・・・・・苦笑
 青い屋根の小さな家屋から発信は続きます(笑)
 (2)をお楽しみに 何が起きるやら・・・・
 皆さま お疲れ様でございました たのしかったですね♪


青い屋根のふつうの小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 18:23Comments(7)