2015年01月30日

いらっしやいませ♪


昨年振袖の前撮りにお手伝い
させて頂きました、結芽さんの
お母様が、ドイツから帰られました♪
成人式を宇都宮市でされて、皆さんに
可愛い!と褒めて頂いたそうです♪
祖父祖母様も大喜びで、ご家族様
お幸せな1日だったようです。
ドイツの美味しいお菓子を頂きました。
2月下旬にはまた、ドイツに戻られますが
「ぜひ遊びにきてくたさい」とお誘い頂き
ひそかに行こうかなと思いました(笑)
フランス迄新幹線で2時間ですって 魅力的です(笑)

スタジオクニさんが、新年のあいさつに来られました時、結芽さんの写真を
当店に特別作り、届けて下さいました♪ (26年10月11日ブログ投稿)

ファミリー写真がお得意で、いろんな賞を 受賞されています
スタジオクニ 
℡フリーダイヤル 0120009207  東名高速から5、6分です
名古屋市名東区豊が丘1203

当店のブログ見たとおしゃってください
たぶん割引して下さると思います。 (決してワイロは頂いていませんよ(笑))

お母様は
「やっぱりこちらでやって頂いた方が、セットも良かったし
写真もきれいです」と 成人式の日の様子を伺いました。
クニさんで撮影の時
「私の口紅付けたんですよ」と裏話をしをしました(笑)
ドイツでもオランダやドイツの友人に写真を見せたそうです(笑)
日本の成人式の説明に困ったとか・・・
可愛いわが娘の喜びの日、親ばか発揮は大歓迎ですと私・・・・
あっという間に時間は過ぎました。
わざわざお出かけ頂きまして本当にありがとうございました。
又お会いできる事を楽しみ致しております。お元気で・・・♪

青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 12:19Comments(0)

2015年01月29日

春のきもの


縞お召のきもの地でございます。
細い縞模様がなんと粋でしょう。 
しわになりにくく、お召と言う織物と言え
お茶席でもご利用頂けます。
薄いアイボリーと小豆色との
組み合わせも品が有り、幅広く
ご利用頂けます。










お召は丈夫な織物で
お単衣にされても大変着ごこちよい
生地でございます。

私事ですが、若い頃着ていたお召を
下洗いし、色かけして地味にしましたら
年齢相応の物になりました。
織りのきものでも、(紬 お召等)
色掛けして、派手さをおさえる事が出来ます。ご参考までにお話致しました。



春のお花
菜の花が春を感じ、香りも優しく、お花屋さんに行くとつい求めます。
花を活けるとき、菜の花は成長力が早くすぐに伸びますので
それを計算して切ります。
数珠草の元に活けた菜の花が、朝見ると凛とのびていました(笑)
下を切り落とし、調整しましたが、生命力の強さに感心します。
春の花は、あすに向かって伸びる姿が見えて、励まされます。

青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 12:40Comments(0)

2015年01月25日

新春の集いに行ってきました♪


岡崎市にある、
岡崎ニューグランドホテルに於いて
お作法会の新春の集いがありました。
川べりの道には太い松の木があり、
家康公400年とする岡崎城の側の
ホテルの雰囲気に格式を感じました。
今回8名で出席させて頂きました♪
役員の方々の、御準備もさぞ大変で
あったのではないかとお察し致しました。

オカリナの演奏がありました♪音符
お食事を頂きながら、ふぁとする
優しい温かい音に、しばし耳をかたむけました♪



指定されたテーブルが最前列でしたので
皆さん緊張気味でしたね(笑)
きものでお出かけは、なれているのですが
改まった所は、日頃口答え18番の皆さんも
今日ばかりは、品 が良かった(笑)
大分猫かぶったかしら・・・・? 
地です!と言われそう ・・・
あぶない あぶない・・(笑)

お稽古の時(パーティに招かれたら)を、勉強致しますが、
ノートに書くだけでは身になりません。 
「聞いたわ 書いたわ 知ったわ では駄目よ」と
親先生にご指導頂いていた私も、いろんな所へ出掛けて
学びました。 経験が大事ですね。
知ってるつもりではいけませんね 
(聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥)という
ことわざが有りますが
自分の知らない事は、きいてもその時だけの恥で済みます
聞かずに過ごすとずっと無知のままでいる事になりますね
負け惜しみは一生文盲と言います。
心得として、素直に聞いてみることが生活に 交流に、仕事に
活かせる心技取得ではないでしょうか。
青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 13:29Comments(3)

2015年01月22日

まりの会作法教室


弔問に伺い、香典を渡す時
「この度はお寂しくなりましたね」とか
「御愁傷さまでございます」とか
声をかけて渡します。この時
丁寧なお辞儀をします。
お辞儀の後、一歩まえに出て渡しますが、
少し下げて相手様が受け取りやすいように
渡します。
初めての練習ですので、なかなかうまくいきませんね。
でも大丈夫です!何回も練習すればできます♪


葬儀の受付の練習をしました。
香典を受けるとき
「お忙しい所恐れ入ります」と返礼します。
「ご遠方からありがとうございます」と
言う場合もあります。
受けるとき、受けて手前に引き少し左によけて
「お供えさせて頂きます」と言います。
「お預かりします」と言うと返さないと
いけませんので、あくまでも喪主の家族代表が
受付をする意識で丁寧な挨拶が要ります。
この日は初めての練習で、緊張してますね(笑)
新しい事を勉強しながら、皆さん交代で練習を続けています。


豊川市のギャラリー花棕櫚さんから
豊川市大橋町 ℡ 0533-84-9482 みちびき不動となり
おでん用が届きました♪

豊橋市のヤマサちくわをたくさん頂きました。
大変ありがたく、さっそく煮込んでいます。
明日頃はきっとおいしくなっている事でしょう
オーナーの北村さんありがとうございました。
遠慮なく頂戴いたしました。




油抜きをして、ストーブにのせて見守っています
高級材料ですので、うまく味付けできますように・・・・皆さんお出かけ下さいね~(笑)
温かい冬の風景 コトコト・・・ 
やかん湯が沸く音・・これも又別味かしら・・・
青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 15:11Comments(0)

2015年01月21日

寒中お伺い申し上げます



寒中お伺い申し上げます。
皆さま 大寒の季節
寒さ厳しい折、お風邪など
ひかれませんように
ご自愛くださいませ。






冬の風景 小紋 無地 紬などに
いかがでしょうか
染名古屋帯でございます。


優しく香る水仙の花を、縮緬の生地に
描き染めた逸品でございます。
一枚の葉が凛とした中で、春を待つ
水仙です。
体型に合わせて、帯幅調整できます。










先日初釜にお招きいただきました♪
寄り付きでは、藁灰があふれんばかりに
入った大きな火鉢がありました。
間切りの障子戸と、この火鉢の風景は
日本間しか味わえない落ち着く雰囲気でした。
火鉢は暖を取るためのもので、昔はどこの家にも
ありましたが、今は生活様式が変わり姿を消しています。

私は火鉢を見ると、いつも祖母を思い出します。
小さな私に、みかんや、お餅を焼いてくれたり、
おかずを煮たりしていました。
ほんの少しそこに祖母がいる気がしました・・・
青い屋根の普通の小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 14:32Comments(0)

2015年01月18日

初春の楽しみ

hu
袋帯でございます。
新春お値打ち価格ですので
ぜひご覧くださいませ。
少し薄めの生地ですので
お単衣の着物にもご利用
頂けます。                      左横 奈良の平井明作の花器










模様のお話
日本で唐草と呼ばれる紋様のルーツは
唐よりはるか 西エジプトにあるとされています。
古代エジプト ギリシャ 
中央アジアから中国 朝鮮を経て伝わった
唐草の魅力とは何か
再生を象徴する聖なる花で、時代と共に
変化ある模様になりましたが、
繁栄や発展を表す植物でした。


仕立て加工がしっかりした
名物裂バックでございます。
どんな着物でもお使いできます。お値頃価格でございます






今日は割と温かい日でしたね。 朝から来客が続きました。
夕方にお出かけ頂いたお客様と香道の話や、漆の作品を
作られたお話を伺いました♪
古き時代の復活と言うと大げさかもしれませんが、
日本に昔から伝わる物に対して深い気持ちを
持っておられる心意気をみたように感じました。
私も布を扱い、日本文化を伝える役目を、一意専心の思いで48年
ここまでたどり着き、本当にお役に立って居るのかなと思いました。
社会状況が変われど、どこかに古の文化は大事にしないと人の精神も
変わってしまうのではないかと少し不安を感じていましたので
改めて同調できる友となる方がおられて良かったと思いました♪
楽しいひと時でした。ありがとうございました。 またお出かけ下さいませ♪
青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 20:29Comments(0)紋様のお話

2015年01月15日

初春の楽しみ


訪問着 附下 等にご利用
頂ける、袋帯でございます。
どんな色目でもお使い頂ける
優しく 品ある雰囲気は
安心して合わせる事が出来ます。











模様のお話
能寿天平菱市松華紋です
大変長い紋名ですが、
紋は模様の事 市松は四角の模様が
並び模様が菱型に行き違いになります。
デザインされた松の模様です。
初春お値打ち価格でございます。
初釜お茶会 新年会 披露宴 
入園 入学など
慶事にご利用下さいませ




大きな大根を頂きました♪
大きなお鍋に 大きな大根
ストーブの上で、ゆっくり煮込んでいます。


冬の風景 冬の楽しみ皆さまのお蔭です♪


鳥肉を少し入れました♪
2日かけて煮込んだ大根は柔らかく
美味しく出来ました♪
数軒にもらわれていき、大好評(笑)
アツアツの大根は来店のお客さまの
お口にも入りました♪
この日別の人が夕方「渥美半島の野菜です」と言って
キャベツ 大根 白菜を 届けて下さり、有り難く頂きました(笑)
勿論アツアツ大根をお出しし、食べて頂きました・・・
今日京都の仕入れ先さんが来て、お昼になっていたので
ご飯と大根を食べてもらいました。(笑)

不思議と次から次と冬野菜が届きますので、割烹着が離せません。
来週は「オデンを食べに行くね」とご希望の電話があり
しばらく、まかない女将をしております(笑) 
みなさん遊びにいらしてくださいね♪
青い屋根の普通の小さな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 17:48Comments(0)紋様のお話

2015年01月13日

まりの会作法教室新春研究会


もてなす人が挨拶しています。
手の指先をそろえましよう♪
ひそかにバラッと開いていますすよ(笑)






一番に挨拶を受ける人は、
首をむきかえるのでなく
迎える人に少し体をむきかえて、
顏を合わせて挨拶しましょう♪
黒子が指導したのに、初めてなので
緊張して真っ白状態らしいです(笑)


ごちそうさまでした♪
受け取る人は、盆を持ったまま
礼を軽く受けます。
茶道ではありませんので、気軽にしていますが、
心こもったごちそうを頂きましたので、丁寧に
お辞儀をします。
黒子の目が光っています(笑)




年に4、5回こんなことを、勉強して
頂いています
順番に役目を変えて習います。
料理はたいてい黒子(笑)私が作ります
たいした事は出来ませんが、挨拶 盆の扱い等
身につけて頂ければ幸いです。
第一部はお抹茶を呈茶して終了し
2部は、1分スピーチ発表をして作法に基ずくかるたとりをしました。



人として、何を大切にしたらいいのか
人の交流に、解っているつもりが解らず
迷う時 さあどうしょう・・・
日常の生活に活かす学び日本の文化
明るく、楽しくマナーを習いませんか?
熨斗紙 祝儀袋 香典袋 日本しかない
しきたりを、まちがいないよう知ること ここで学んで下さい。


ここは、親しく 優しく集まる所です♪
隔週木曜日午前10時~12時迄 金曜日午後7時~9時迄
詳しい事は電話でお尋ねください。
青い屋根の普通の小さな家屋から発信


  


Posted by おかあさん at 14:54Comments(0)

2015年01月12日

まりの会作法教室新春研究会


今年1回目の研究会をしました♪
「皆さま新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します」と
仲間内の皆さんと挨拶しました。
日頃何回となくお辞儀の練習を
していますので、とてもきれいに出来ました



お料理を運びました。
盆の受け方に気を付けています。
運びだしの人、もう少し下がると
良かったですね♪




いろいろ料理が出てきます♪
熱い物は暑いうちにお召し上がり下さいね。








うずみ豆腐です。
これは身体も温まるし、胃にもたれず
軽くのどを通します。冬のお食事に一点
おもてなしです。

これは簡単ですので皆さまにもお勧めです。
今回はデパートで一番高い良い豆腐を
求めました(笑)
大きめの鍋に昆布をひいて水をいれストーブの上で湯をわかし、たっぷりの
湯の中に豆腐を大きめに切り、そっと入れます。ゆっくり温めます。

大きめのお椀に、豆腐を入れ、その上に 柔らかめのご飯を少しのせます。
別鍋にカツオと昆布で取っただし汁に、薄口醤油で味付けして、くずで
とろみをつけ、熱いうちにご飯にアンをかけ、上に大根おろしを乗せます。
次に、青菜の漬物(細かしたもの) わさび少々、大葉のみじん切り
ちりめんじゃこのみじん切りを乗せて、出来上がりです 
かんたんでしょ(笑)
忙しい人は(私もですが)だし汁を作り置きして置いて、残りの細かい物を
使い、こんな風にしてはいかがでしょか? お試しくださいね
それとサーモンをカブのお漬物で巻いて頂くのも美味しいです(笑)

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 18:26Comments(8)

2015年01月09日

初春の楽しみ


はんなりと優雅な模様
平安な雰囲気いっぱいの
訪問着でございます。
どの場所に出向いて頂いても
しっくり優雅な趣で過ごして
頂けます。














琴の周は日本刺繍で施し
ぼかしは手作業による刷毛染めならではの
できばえです。
丁寧な仕事が見えて、安心した
当店ならではの逸品でございます。









当店の前の街路樹も葉が散って
鳥の姿も見えない寒い日・・・
空は青空 冬の空はなんと澄み切っているのでしょう
七草がゆの日も過ぎて、次は成人式です。
又初釜茶会 初稽古と過ぎて行きます・・・
青い屋根の普通の小さな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 11:40Comments(0)