2014年08月30日

秋の始まり 名古屋帯


秋明菊が秋を呼んでいます。
塩瀬生地に、優しく描かれた秋の花は
茶花としてよく使われますが、
すっと伸びた茎に可憐な品ある
花が、何とも言えません・・・・


9月3日~7日迄
ギャラリー花棕櫚

染め帯と仏画の出会い展
豊川市大橋町みちびき不動尊となり
少し趣が違う帯たちが不思議と活かされる
ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。





小紋 無地 紬等に楽しくご利用頂ける
この帯は、身体に巻く間に、きりっとした感覚
逸品の味わいが、感じ取れて
締めてわかる、楽しさ 満足感は
見渡しても他にありません。
きっと有意義にご利用頂けます。









釈迦如来
この元図は、京都高雄神護寺の国宝・・・・
仏画の最盛期・・・・
手を合わせたくなるほどの感動です。
・・・・・・・あとは会場でご覧くださいませ。
             仏画 倉地美香作






*先週23日が処暑でした。
 雨が降ってすっきりしない夏だったような気がします。
 4、5日前から、夕方虫が鳴いていますし、風が秋の気配を感じます。
 処暑とは、暑さが和らぐ頃の事だそうですので、
 朝夕の空気 虫の音は、当然なのかも知れません。
 でもまだ残暑厳しい日もあるとか・・・虫達も、果実も野菜も忙しい(笑)
 
 暦は本当にきちんと自然の世界を現し、私達の生活に潤いや、
 作物の成長、あるいは収穫くを伝えています。
 今や天気予報は確実にあたり予測できた行動もとれますが
 昔の人達は、春夏秋冬の気候をよく観察し、山々をながめ、虫たちの出現や
 動物の移動等自然の空気を大事にして、農耕に励んだのでしょう。
 8月も明日で終り日ごとに秋になる頃です。
 果実も、秋野菜も美味しくなります
 しのぎやすい頃になりますが、お身体お大事にお過ごしくださいませ


青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰
  


Posted by おかあさん at 19:21Comments(0)

2014年08月28日

秋の始まり・・・名古屋帯 帯〆ものがたり(19)


マツムシソウを刺繍しました。
帯の生地はと特別格子織りで
アイボリー色の地厚夏紬です。
6月から10月初旬迄、ご利用頂けます。
 




これ以上おしゃれな帯は
ないと言っていいくらい、素朴でありながら
優しさや、品があり、 
さて どんな着物にしょうかしら?と迷う
楽しさが、たまりません。
お友達とのお食事会 コンサートに
お稽古にといろいろとご利用頂けます。

9月3日から豊川市ギャラリー花棕櫚にて
ご覧いただけます。    
       





帯〆のお話 帯〆ものがたり(19
組紐たちは、職人の技により、
手組 時に機械を交えた物がこうして届きます。
格工房があり、当店が取引している、紐メーカーは
色 組方 房 等考案されたデザインを
依頼して組んでもらいます。
当店では、気に入ったものが有るとまとめて
仕入れしますので、みなさまには、とてもお値打ちに
お届けさせて頂いております。
      
今年新作 扇ふさです 
房と遊ぶ 色を楽しむ 組と遊ぶ
 柄を楽しむ
紐も特別変わり組で締めたら緩みません。
職人さんの間では ハエたたき房と
呼んでいるとか(爆笑)       



 思い出の皿
この皿は、私が幼い頃 母が、大事に使って
いたもので、時に小麦粉にサツマイモをいれた
蒸し鬼漫を乗せたり ソラマメを湯がいて乗せたり
おやつ用皿でした。
私の子供の頃は何もなく、母の手づくりのおやつが、嬉しく、カボチャの種を煎ったりしたものは何でも、普通に食べていました。 
戦後間もない頃、母がこの皿を大切そうに大きな戸棚にしまうところを見た
記憶があります。
皿の裏を見ると土が練り込みで、絵も転写ではなく、私も何となく粗末に出来ず
普段使いものとしても、思い出皿としてしまってありました。
たしか5枚あったと思いますが、今この2枚しかありません。       
先日自宅の戸棚をかたづけていましたら、奥の方に包みがあり、この皿を、
久しぶりに手にしました。
雑用雑器かもしれませんが、これを見るたび、母のあの頃を思い出します。
戸棚からいつも見守ってくれていたのかしら・・・・ふとそう思いました・・・          


Posted by おかあさん at 17:38Comments(2)帯〆ものがたり

2014年08月26日

秋の始まり・・・ 帯〆ものがたり(18)



                        塩瀬染袋帯

               
                 染帯と仏画との出会い
                   9月3日~7日迄  
                   ギャラリー花棕櫚
       
       東名高速豊川降りて左、初めの信号左 また左         
                豊川市大橋町みちびき不動尊となり
                ℡0533-84-9482  10:30~17:00
                少し趣が違う帯 春 夏 秋 冬 風景
                素敵に活かされる逸品の数々・・・
                ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
                小紋 附下 紬 組草履 バック等
                仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。
 


京都から来て下さる仕入れ先の
カバンにはこうして大事に包まれて
帯〆たちは届きます。
大きなカバン2ケースには慶事用の数々、
これはまだ小さい方ですが、それでも
150本くらい収まっています。
ご覧頂いている帯〆はどちらかいえば
趣味の物で、小紋 紬等にご利用頂きます。
滋賀 伊賀 東京 京都で組まれている紐たちは、
四季折々の新しい趣を構えて皆さまの前に出てまいります。
当店が帯〆と名物裂にこだわるのは、日本の文化を知って頂く為に、
おまり目立たない小物の存在に、「もっと知って頂きたい」と言う
気持ちがあるからです。
着物を着た後一番最後の〆はやはり、この紐がきりっと決めてくれるからです。
大事な存在なのです。

*雨が降ったり、晴れたり、1日のお天気が変わり
身体が変になりそうです(笑)
昨日久振りにハニーが来ました♪
「これね、お母さんには毒だし、甘いものはいかんよと
思ったけど、前を通ったら、お母さんが食べたい!と言う
声が聞こえたから仕方がないので、買ってきたの はいっ お土産!」
嬉しそうに飛騨の手作りお菓子を
袋から取り出しました。
声が聞こえただなんて嬉しい事言ってくれて、
私は大事にされているなと思いました♪

大好物ではありませんか♪ 毎年げんこつ菓子を
届けてくださるんです(笑)
確かに減量中だから、お菓子は控えめにしなくては
なりませんが、出されては、もう我慢できず、一つ口に入れ
また一つ いけない いけない!(笑)
優しい思いやりに感謝して毎日5、6個づつ頂いています
小さな袋に愛情いっぱいありがとうございました。 
栄養士のハニーだから後の面倒よろしくね(笑)

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰  


Posted by おかあさん at 14:35Comments(2)帯〆ものがたり

2014年08月25日

組紐のお話 帯〆ものがたり(17)


組紐が中国から朝鮮を経て、日本に伝来
したのにちなんで、多くの打ち方(組方)の
呼称があって、唐組 唐打ち、高麗打ち
新羅打ちなどがあります。

武士の出現と共により強い組み紐が現れ
何百年と言う歳月を経て紐たちは活躍し、
明治9年に廃刀の令が出される迄、紐たちが
それぞれの用途に合わせ使われました。
帯〆 と言う存在になるまでは、まだ時間が
掛かりました。
戦争時代が終わり、着物が見直され、
新たに、和の文化を取り戻した頃
オシャレを楽しむ時代が着ました。
羽二重の布にワタをいれた、丸ぐけの
帯〆から、機械組 手組の紐たちは
必要に応じて、産地で組まれるように
なりました。
今もなお帯締めに工夫がされ、模様や、組方
飽きが来ない色 組を意識した職人技の
帯締めたちが頑張っています。

秋の新作揃いました♪
9月3日からの展示会でご覧いただけます。

当店のはすべて国産で、色合い、組加減
糸の風合いは、確かに違いますので
お確かめ下さい。
お値打ち品もございますので、ぜひご覧くださいませ。

京都から今秋新しい帯〆をどっさり持ってきました。
まづ大まかに選んでは眺め 考え 3回くらい見直し、
手に取り、締め具合をみてお得意様を想像し、
色合い、房 模様 組方の種類 あれこれ手で調べて、
かなりの数を用意しました。
組とあそぶ 房を楽しむ 柄とあそぶ 色を合わせる

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰  


Posted by おかあさん at 20:18Comments(0)帯〆ものがたり

2014年08月21日

秋のご案内

              はんなりと染帯と仏画との出会い

                  9月3日~7日迄
                  ギャラリー花棕櫚
               豊川市大橋町みちびき不動尊となり
               少し趣が違う帯たちが不思議と活かされる
               ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
               仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。


ご案内を発送させて頂きました。
お手元に届きましたら、どうぞお目を通してぜひお気軽に遊びにお出かけ下さい。
ギャラリー花棕櫚さんは古民家で、喫茶はございませんが、
隣のみちびき不動尊はかなり古い由緒あるお寺です。
又5分ほど北に行ったところにはちみつの
お店 さんぽみち さんがあります。
ここでしか飲めない美味しい飲み物いかがですか?
芝生のなかにメルヘンチックな建物をみると、どなたも、「えーっかわいい!」
皆さまとお会いできます事楽しみお待ちしております。♪


お盆は休みなく、手ぬぐいかあさん汗ふきふき
切手はり、作業でした。
一枚貼るごとに、「どうぞお出かけ下さい」 と
祈りながらしました。
ご案内配布と言う作業は、手抜きをすると心が伝わりません。 
そう思います・・・・
仕事は確実にしてこそ伝えたい事柄が、相手様に届くのだと信じています。
暑さも寒さも、お求めが、あってもなくても関係なく、お出かけ頂けることに
すべて感謝ですから・・・
 
もう次の企画の準備。 またたく間に1ケ月終わり・・・
9月に倒れないよう、気をつけようっと・・・ いつもいろいろ祈ってばかり・・・・
この会も不思議な出会いがありますように・・・・

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰

  


Posted by おかあさん at 20:27Comments(2)

2014年08月18日

暦では秋・・・


今頃着て頂きたい着物です。
小千谷縮の着物は大変爽やかな
感じがして、身にまとう夏の布としては
最高に軽く涼しい物です。
細い黄色の糸が織り込まれています。
後身頃に絽を腰のあたりまで付けますので
透き通りはいくらか省けます。
お値頃価格でございます。










先日お嬢様のお振袖を見て頂きました♪
主役のご本人は、嬉しそうに一枚一枚を
身に着けるたびに、歓声し笑顔で
お過ごしでした。(笑)
ご本人とお母様は、赤いお振袖を選ばれました♪
「ちよっと私も着たいな」とお母様
黒の、このお振袖を着せてあげましたら
(私にも似合う・・・・いいなぁ・・)ご満足のようでした♪
いくつになっても、きものに憧れて頂けることは
本当に有り難く思います。
お二人の会話をお聞きしていて、私まで幸せを
頂いた気が致しました。
お母様は、来月ご主人様の転勤で海外に出発されますので
年内前撮り着付け 美容院 写真館手配
来年宇都宮市で成人式をされますので
着物の発送等、変わりのお母さん役手伝いを、お引き受けさせて頂きました♪
何事も不足のないように心こめてさせて頂く所存です。
現在お母様のご実家から大学に通学されている彼女の大事な思い出作りに、
依頼頂いた事に感謝でございます。


もうすぐみんなが来て下さる・・・・
   アツアツおむすびをつくる・・・
     お腹すかして帰ってくる娘たち・・・・
        毎度おおきに!・・・(笑)
          紗の着物 羅の名古屋帯の私笑顔汗
            トレードマークの手ぬぐい・・・・(笑)
              お作法教室は、毎度おむすびいろいろ・・・
 青い屋根の普通の小さな家屋から発信
  きもの着付け教室 まりの会作法教室
  


Posted by おかあさん at 16:37Comments(2)

2014年08月12日

慈しむ心 お盆(3)



                 文殊渡海図 もんじゅとかいず
                     仏画 倉地 美香作
                
                 はんなりと染帯と仏画との出会い
                     
9月3日~7日迄
                    ギャラリー花棕櫚
                豊川市大橋町みちびき不動尊となり
                少し趣が違う帯 春 夏 秋 冬 風景
                素敵に活かされる逸品の数々・・・
                ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
                仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。

不思議な出会いに千載一遇(千年に一度しかないチャンス)
一枚のご案内が届く前に彼女は夢をみて、届いたカードが
私と古の話をすることになる。 裂と帯締めの歴史・・・
その瞬間私たちは二人で一歩前に出る事になる。
それからなお不思議なのは、松平町のくらら農園安藤さんの話をブログに書くと
彼女からメールが来て、松平地区にある徳山寺が彼女の祖母の実家という事
彼女のお母様は中学の頃お寺でお世話になっていて松平中学に通っていたとか。
昔の話・・・  初めて知る私も、彼女も、お母さんも・・・びっくり・・・
私の父方は足助町出身で、三河地方同志 先祖の力が動いているように感じる・・・
このご縁はどんどん広がり、着物や帯にかかわらず
人の道には不思議なご縁と言う物があり、侮れない心の結びがあり、 
着物を締める紐 帯〆が結び合う、仏を描く細い筆に慈しむ優しい気持ち、
みんな一つではないかと思う今日この頃です。


先日次男が勤務している日本料理店に行き
当店に長く勤めて下さる二人とお昼ご飯しました。
2人は次男が幼稚園行く頃から働いていて
息子と会うのは、何十年ぶりかしら、と言うくらいで
しばらく感激していました。特に左の徳江さんは
30数年ぶりくらいではないでしょうか(笑)
私は慣れない名古屋高速を緊張して走行しましたが
お腹も心も満たされて、次男の姿に喜んで頂き、
よかったなと思いながら帰りました。

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰
  


Posted by おかあさん at 20:16Comments(0)

2014年08月08日

慈しむ心 お盆を前に

 

                      仏 涅槃図
                     仏画 倉地 美香作
                
                 はんなりと染帯と仏画との出会い
                     
9月3日~7日迄
                    ギャラリー花棕櫚
                豊川市大橋町みちびき不動尊となり
                少し趣が違う帯 春 夏 秋 冬 風景
                素敵に活かされる逸品の数々・・・
                ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
                仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。


暦では立秋 残暑お伺い
秋が立つと申しましても、残暑厳しい毎日ですね
皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
今日も表通りの木々にセミが集まり、コーラスしています。クリスマスツリー
昨日仕事で豊田市に伺いました。車
時々行きますので大分道を覚えました♪
運転しながらふと思いました・・・
「そういえばトヨタブーログさんに引っ越しして、お世話になって
半年過ぎたんだ いやもっとかな? やっと慣れたけど投稿されている皆さんの
エネルギーはすごいなー  この間見た記事のお店どこかなー」
そんなこと考えながら走りました。
だいたいは高速を使いますが、たまに下道で走る事もあります。
ブログのお話は、それぞれに特徴があり、思わず吹き出してしまうほど楽しい話
又、そうかぁと感心してしまう事、このお店いってみようと思う話 
若い人達が農業に従事し、頑張っている事など、楽しく読めて参考になります。
7月には、くらら農園の安藤さんにトウモロコシを注文させてもらいました♪
松平町付近と聞いてとても身近に感じました。機会をみて伺いと思っています。
1ケ月半くらいに一度 美里6丁目にある 犬塚治療院へマッサージに
(0565-80-2232)
行きます。身体ほぐしは豊田でしています(笑) 
私の父方親類は皆豊田市にお住まいで豊田市とは意外と深いご縁があると、
再認識しました。
ご縁を頂き、輪が広がる事は何よりの豊な学び場だと思います。
トヨタブーログさま始め、導いて下さった皆様に心から感謝致しております。
残暑厳しい日々 お身体大切にお過ごしくださいませ。 


   青い屋根の普通の小さな家屋から発信
   
きもの着付け教室まりの会作法教室主宰
  


Posted by おかあさん at 13:48Comments(2)

2014年08月05日

慈しむ心 お盆を前に


                 聖観音  仏画 倉地美香作 
            
                はんなりと染帯と仏画との出会い

                  9月3日~7日迄
                  ギャラリー花棕櫚
               豊川市大橋町みちびき不動尊となり
               少し趣が違う帯 春 夏 秋 冬 風景
               不思議と活かされる逸品の数々・・・
               ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
               仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。


 


昨日やっと岐阜に行ってきました♪
22号線岐南町から左に回るとそこは加納
昔加納城があった所で、町名も城にあった
名前がついている。私が住んでいた所は
鉄砲町1丁目 倉庫があつたらしいです。
武具の名前の長刀掘 矢場町 他
城主の永井家の菩提寺の通りは、永井町・・
子供の頃通った道は今見ると意外とせまく感じました・・・
この辺りは少しも変わらず、細い道に家が立ち並び
岐阜の加納に来るたび、懐かしさに胸が詰まる思いがします。
空気が何となく岐阜と言う味で、幼い頃を思い出すのです。
久しぶりに岐阜のお母さん宅に伺いました♪
時間を伝えておきましたが、お母さんは、まだ来ないかと何度も外に出て
待ってて下さいました。「あぁまりちゃん来た来た!よく来たねー」
一年ぶりの対面はいつもの通りなみだの再会です。
小学校の時担任だった先生は、すでにお亡くなり、にこやかな遺影が
私を迎えて下さいました。 心ばかりをお供えして夏のご挨拶を済ませ、
台所の椅子に掛けると二人は感つまり涙・・・
仕事の話、お世話になっている人々の話 経営の話等内輪の話を
聞いていただきました。
「まりちゃんを皆さんが見守ってくださる、有り難いね
お父さんも喜んでいるよ よく頑張ったね 私の宝だわ」 と娘のように
褒めて励まして下さいました。
奥様(お母さんと呼んでいます)90歳超えて、なおお元気で安心しました。
帰りに手づくりヨーグルト キュウリ花麹漬け 餃子 ジャガイモ 手作りジャム
ゴーヤの煮つけ 果実 カボチャなど15種類のお母さん真心いっぱいを
頂いて帰りました。 帰り際二人はまた涙でした・・・何度も握手して・・・
どうぞお元気でお過ごしください と祈り、車中感謝の涙をしながら帰りました。

      青い屋根の普通の小さな家屋から発信   
     きもの着付け教室 まりの会作法教室主宰
  


Posted by おかあさん at 12:44Comments(0)

2014年08月04日

ごあんない




             はんなりと染帯と仏画との出会い

                  9月3日~7日迄
                  ギャラリー花棕櫚
               豊川市大橋町みちびき不動尊となり
               少し趣が違う帯たちが不思議と活かされる
               ここでしか会えない貴女のおしゃれ帯
               仏画と合わせてぜひご覧くださいませ。


仏画 倉地美香さんとは不思議なお出会いでお付き合いが始まりました。
長年この道を歩いていて、いろんな形で皆様とお会い出来、
ご縁をつないで頂いていますが、夢のお告げと思われるような事が
美香さん(今後こう呼ばさせて頂きます)に起こりました。 
その前後頃、当店は美香さんのご自宅から3キロほど離れたギャラリーで
「名物裂展」を開催する予定をしていました。
彼女宅にご案内が届いたのは、夢の後日でハガキを見て「行かなくては!」と
思われたそうです。 会場へ、ご友人とお母様と3人で
「お告げがありましたので来ました。着物は買えませんが、裂のお話聞かせて
頂けますか」 と、いらっしゃいました。
「裂を探して」と、友人に頼まれた夢を見られたのです。
「どうぞどうぞ お役に立てるかどうかわかりませんが」と
それから、しばらく古の裂の話を帯〆の話と加えてさせて頂きました。
彼女と後のお二方も大変喜んで、帰られました。
話の中で、彼女は仏画を書いている事を教えて下さり、私も携帯から見る仏画に
感動し、再会を約束してこの度ご一緒に展示をさせて頂くことになりました。
この仏画は一年に一枚がやっとと言うくらい繊細な、慈しむ温かさを感じる
感動ある逸品作でございます。
当店が染に対する思いと重なり、共通点を見い出し心行くまで納得して頂ける
会だと信じております。
どうぞお気軽に、遊びにお出かけ下さいませ。心からお待ち致しております。

名物裂 
大名物 名物 中興名物 が確立していくにつれて名器、名画、に添えられ、
茶人の優れた美意識により、選択され大事に扱われてきた
裂(これ以上最高の布はない)が、名物裂と呼ばれるようになりました。

はんなり
陽気ではなやか 上品で明るいさま 京阪地方の方言                          

青い屋根の普通の小さな家屋から発信
きもの着付け教室まりの会作法教室主宰
                                           

                                                         


Posted by おかあさん at 13:35Comments(0)