2018年02月04日

暦の上では春・・・



野を超え 山を越え
その奥地に
機織りの音がする・・・
裏山の 草木 の自然を
頂いて 真っ白の糸房を
ゆっくり 染めていく・・・
ここに 昔ながらの
故郷作業が あります・・・
柔らかな風合いを
今 貴女の元にお届けです


5月ギャラリー森の響にて展示させて頂きます
ぜひお会いいたしましょう・・・



煮詰めて 宝色
と言って良いくらい
おだやかな
優しい 恋思い 色
そんな気がする
山の恵み色・・・






古くは農業の合間に
囲炉裏の火種を身体に受けて
機織りをする 母がいました・・・
そんな事を想像することで
紬の温かみ 素朴さが
身体にまとうと
ほっこりするのは
私だけではありません・・・
今一度箪笥の中の
紬を見直して頂けませんか?・・・




おでん。 まり屋流

代2弾!
昨日の鍋は
終了です
本日のメニュー
大根ジャガイモ 
ソーセージ
いろいろです
いくらでも
お腹に
入るらしいです(笑)


まだ煮詰めていない物を数人お持ち帰り です(笑)
お忙しい所 ありがとうございました♪
あすはもっと美味しくしよっと♪

青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

  


Posted by おかあさん at 18:46Comments(2) 紬のお話

2018年03月01日

みなさまこんにちは♪


青い屋根の
普通のちいさな
家屋から発信


3月1日
一歩前に
進む事 
何となく
和らぐ光
ひろーく
ひろく
草木が芽吹く頃
菜花が美味しい頃
祝い事が多い頃
感謝のまいにち・・・


ここは普通の
ちいさな集まり
賑やかな
集まりです
遊びにお出かけくださいね



5月紬展の準備
玉ねぎ 栗の草木染
この色を主体にしようかな
あれこれ思案中です
ご案内心騒ぐ色探しです♪















久しぶりの靴下です

昨日瀬戸市にある陶生病院に行ってきました。
一昨年と昨年、人間ドック検査をしましたが
胃腸に異常発見で、おまけにピロリ菌がお住まい(笑)
それが昨年倍の数字になり、ひやひや一年でした・・
病院の健康センターに記録があった事で
今年のドックをキャセルして手続きを取りました。
スムーズに手配して頂き1月すぐ除菌の薬を飲みました
その後胃カメラもして、やっと全部の結果を伺いに
行ったわけです
0.0で完璧除菌されていてホットしました・・
強い薬を3粒間違えて飲み忘れましたが、
うまくいき本当にうれしかったです。
胃に対するクスリなしでこれもほっとしました・・・♪
先生も優しい方で、これも嬉しかったかもしれません・・・(笑)

経験された方もおられると思いますが、
不安を取り除いて頂き感謝ですね・・
私の洋服姿ですか?
そりゃーべっぴんさんですよ~(笑)
うちに帰りすぐ着物に変えて美容院に行き
事務所で一仕事しました・・・(笑)

  


Posted by おかあさん at 16:04Comments(4) 紬のお話

2018年03月24日

草木染ものがたり



はれ~っ 晴れ
今日は いいお天気
元気よく 一斉に
こんにちはー!
こんなに笑顔は
誰に習ったのかしら・・・
この日に 桜と
仲良く 開花した事
いつも不思議です・・・
励まされて 声かけられて
前の道・・・・
ハミングしながら 通りました・・
音符音符






つむぎのおはなしの会もうすぐです♪


山里の草木をいとおしく
一枚の着物になりました

                         きもの雑誌から引用取引先会社許可済



      














紬好きの青年が
当店にて熱く語るその日が
近くなりました・・・







4月になれば・・・・・語りの日
紬のおはなしの会 予約制でございます
草木染の魅力 故郷の匂いの不思議
糸に触れる感覚の楽しさ 染料 風景写真 資料
詳しい事は電話でお尋ね下さいませ

当店の事務所で開催の
ご案内が届きましたら宜しくお願い致します




青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
昨年から温めて来た紬の会が近づいてきました
取引先の社員で有る彼は
若手で有りながら、織の着物が大好きで
ひたすら勉強をしたようです
彼の魅力的な心使いのある語りに
皆さまきっと引き込まれてしまう事でしょう。

後日のご案内をお楽しみにお待ち下さいませ





  


Posted by おかあさん at 21:42Comments(0) 紬のお話

2018年03月27日

春のおしゃべり・・・♪



はる霞・・・・
あの寒さは、もう遠く
あの冷たい風ははるか向こうに
そんな気がした 今ここに・・・
あなたの大地に 咲き誇り
香り漂うのです・・・
こうしてまた出会いました
こうしてまた喜びを語ります・・
硬い約束は 優しく 憂いです・・
希望に満ちて また歩くのです・・・


尾張旭市本地ヶ原 通り道





山郷の草木色を織り込んで
きもの雑誌引用取引先会社許可済


通り一片の物ではありません
草木染は、いまその時の香りや色彩ではありません 
時が過ぎて また過ぎた時こそ
本物の色が輝くのです。
染の技と 織りの技と 絹の質と着ての心意気と
全ての組み合わせが、一番になるのです。
今日の私は赤めの琉球絣の着物を着ていますが
30年前のものです
派手かしら?と思いつつ口紅を少し赤くしました
きものの色が落ち着いているらしく 昨日仕入れ先の青年が
いいーですねーですって・・
一番ではないかもしれませんがデザインや染色が重視され
出来栄えが良かったのでしょう(笑)
お世辞でもいいのです(笑)着用に意義ありですから・・・・
ながいあいだ普段着は紬ですから、味わいの良さは
やはり何十年も過ぎた物がいい感じになるのです♪





青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

昨日京都の仕入れ先さんが集まりました
お昼はまり屋で済ませる 掟が??ありまして(笑)
20数年続いています
名古屋のおかあさん的ですから煮物が多いので
今月はカレーを前日から煮込み準備をしました
「奥さん実はカレー大好きなんです!!!」
男性全員カレー大好きですってびっくり
お代わりりをしていただきました(笑)















茄子と
キノコが沢山で
少し黒く
なりました(笑)






今回は事務所で煮込みました
仕事しながら大きな新玉ねぎ6個 シイタケ 他キノコいろいろ
ジャガイモ セロリ 茄子 角切りお肉たっぷり
何時もなら自宅でコンソメを入れるのですが
無いので隠し味に カップヌードルを入れました(笑)
さぁてなんでしょう・・クイズになり爆笑となりました・・・
反省・・・細切れのお肉の方がもっと美味しくできたかな~





グリーンサラダ 
トマトを忘れました(笑)
毎回このサラダは出番です(笑)


まぁでも美味しいと言って
お代わりして力つけて仕事に励んで
頂ければ嬉しいです みなさんお疲れ様でした(笑)
  


Posted by おかあさん at 18:50Comments(0) 紬のお話

2018年04月01日

春・まいにち・・・



おかえり~太陽
可愛い声がしました・・・・
つぼみだったみんな
お出迎え・・・
お水を一杯あげました♪
まいにち 毎日
春の風景が 変わります
こんな嬉しい 今日
暖かく 光は優しく お花色・・・・
芽がでる 花ひらく 恵まれる
感謝いっぱいです。













ごあんないでございます



























         4月7日(土)8日(日 )2日間 
        10時 14時 18時
        まり屋事務所にて 
        草木染と織のお話の会 無料


興味深い染の糸房 染料の木 機織り風景
紬大好きな青年が 語りますので ご希望の時間をお申込み下さい
人数に限りがございますので定員になり次第締め切りさせて頂きます

予約でない方は、部屋の関係でお断りすることがございます、
悪しからずご了承くださいませ


青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
日頃は温かいお引き立てを頂きましてありがとうございます。
昨年から企画を予定し、温めて来た気合いがございます。
若い青年が紬専門卸問屋に勤務しつつ勉強を重ねてまいりました。
皆さまどうぞ趣あるお話を聞いてあげて下さい
顧客様にはご案内届きましたら宜しくお願い致します。
  


Posted by おかあさん at 18:38Comments(0) 紬のお話

2018年04月06日

春のお土産



岡山に行ってきました・・・
お土産です♪
昨夜お作法のお稽古がありました
くくりんが可愛いお菓子を
楽しそうに開いてくれました・・・
みんなで分けて頂きました・・・
春 爛漫 可愛い 干菓子に
一斉! わーっ かわいい!
何処までも 春は追いかけて
心を 和やかにして
大勢に 愛を配ります・・・・
そう この季節 皆 幸せですね
ハッピー 食べられないね~ 




つむぎ草木染お話の会



4月7日 8日と2日間にわたり
山里のお話をお聞きください
ここは決して立派な構えではありませんが
こじんまりと本物意識を大切にお届けです
見るだけ 聴くだけ 知るだけ 感じるだけ
それで十分でございます・・・
ぜひお運びくださいませ



名物裂について

私のコレクション一部ですが
求めた時の思い出となりました
あきもせず大事に観ています














名物裂は後に裂その物が名物と呼ばれるようになり、大事に扱われました
又各裂は所有者や茶人の名前などから一品づづ名称が与えられました。
茶人の選択を経た秀品がに後世伝えられました。
この名物裂を現代の技術で製織した物には
美しい帯、袱紗 お仕覆 伝統有る日本の神秘的な楽器等の
袋布として使われています 京都あらいそ(有)記載許可済




青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 21:50Comments(0) 紬のお話

2018年04月08日

春・2日間ありがとうございました。



あれっ まぁ~ えっ!
少し早くな~い?
毎年ここの舞台に登場
今日は 冷えるし・・・・
でも勇気 満々ですね
春たけなわの折から
何でも お進みくださいな・・・
出会いの出の意味は
一歩前に進み出た強い足跡
会いは大きな鍋に具が沢山
煮詰まる 集まる事らしい・・・
ミツバチ 蝶 アリさん 
みんーな あつまぁ~れ
出会いは素晴らしいですね
勇気にありがとう♪


草木染と織のお話の会に
お出かけ頂きましてありがとうございました






きもの初心者の方も
心得の有る方も
草木染の話題に興味深くご覧頂きました。
糸の選び作業から染作業
反物になるために渾身込めた
仕事が有りますが、その流れに気持ちを込めて
お話させていただきました
ご多用の所お出かけ頂きまして
本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。


















ふと気が付くと 
花の開花にびっくりしています
先日オレンジ一輪写したのに
気が付けばきれいに抜かれて
看板が立っていたことには
ガッカリしました・・
毎年しばらくすると
子供つぼみが咲いて
通るつど元気にしてるね と思っていました。
通り道の植物には、人の心が動くように
喜怒哀楽があるのかしら・・・と思います
ふじの花 畑の隅にまさしく女王様
しばらく楽しませて頂きますね
ちいさな虫が香りと遊んでしました・・・・


青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 18:46Comments(4) 紬のお話

2018年04月15日

はる・・・まだ冷え残り・・・



かわいい おしゃべりの声がする
そこに 幼稚園児
そんな 気がしました
お隣の坊やが
おばあちゃん おはようー
はい おはようー
良いお天気ね なにしてるの・・・
お砂 と あそんでるの・・・

どこかで聞いたコマーシャルでは
ないけれど
必ず きっと ・・・ここは咲いています
そう 可愛く・・・・咲いています・・・笑える



    草木染 つむぎ



    黒地 山漆    黄 30年前の玉ねぎの皮


生地には花織(花柄)が可愛いらしく織り込んであります
何度も染めては干して 染めた糸を
丹精込めて織り上がりました

5月17日からギャラリー森の響さんで
展示させて頂きますのでぜひご覧くださいませ



青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

午後自転車で当店に訪問者がありました
外国の可愛い女性でした・・・
私は早速玄関に向かえ
「どうぞ お上がり下さい」と言うと
靴を脱ぐのか、そのまま上がるか迷っていました・・・
「わたしにほんごが話せません 」と片言でしたので
両手ふるい手招きして上がっていただきました・・・
携帯を見ながら日本語を探していましたので
思い立ってまりの会の人に電話して助けを求めましたが
都合が悪く、 この場は笑顔で するしかない!と決心しました
「お名前は、?どちらの国の人?・・・」
片言ならまだいいのですが、万博以来外国の方とは出会いなく
英語ペラペラなんて、できませんでした(笑)
何とか理解できたのはイギリスから4月1日に日本語の
勉強にきたということでした。
「今夜日本の友だちからかけてもらう」という事でした
やっぱり英会話勉強しないとこんな時困るなーと
思いながら彼女を見送りました(笑)
どうしてここに来てくださったのかしら・・・
不思議な女神様がいらっしゃいました・・・♪
心の通ったご縁でありますように・・・・
お役に立てますように・・・・




  


Posted by おかあさん at 17:47Comments(1) 紬のお話