2018年04月09日

若葉が見えて・・・



さくらの花びらが もう遠くにいきました
さくらの新芽が 出番となりました・・・・
まだ冷え冷えするのに ・・・・
通り道の山々は 新緑になり
自然の草木 の生き方には
追いついて いけないような速さです・・・
それでも四季折々の
風景には 癒されるのですから
有り難いのです・・・・
どこで 習ったのかしら・・・
素適な デザイン だこと 花びら・・・


名物裂


娘が使っていた
袋です


予備手提げとして
使いました
結婚式の
ご招待の折
正装バックだけでは
入らないので
便利に使いました。






茶道を習い始めたころ
用意してあげましたが
これは大事に
していました





名物裂 金襴  婦久露
②右上記の袋を用意しましたとき
この中に説明書がありました(あらいそ(有)記載許可済み)

名物裂は西暦1000~1600年ころ中国で織られた
金襴(きんらん)緞子(どんす) 間道(かんどう)
その他の裂で、我が国の室町時代から江戸時代にかけて
舶載され(船に乗せて)当時の茶人、僧侶 上流武士 
その他一般好事家などが、所持しました。
茶器の仕覆 掛物の表装 寺の斗帳 袈裟などに使われました
豪華絢爛(けんらん)さに置いては金襴に優る物はありません
和紙の上に漆を接着として、その上に金箔を置き
糸状に細く切った物を緯糸(よこいと)として丁寧に織り込んで
文様を表現したものです
出来る限り忠実に古来の名物裂を復元し袋物にしたてました。


先日の投稿分と重複しますが
伝わる布文化にも深い歴史があります。
茶道にかかわらず、着物を着用されましたときには
このような小物袋に、懐紙 ハンカチ扇など
忍ばせてバックに納めて入れて置けば
品格ある行い準備となり役立つ事でしょう
皆さまもしお持ちでしたら大事になさって下さいね


青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:31Comments(0) きものに合う小物

2018年02月09日

我が家の菜園・・・?



お見せするほどではありませんが・・・
自慢するほどではありません・・・
とうみよう の生き方は
凄いエネルギーが見えます・・・
捨てるはもったいないです
これで3回目のお楽しみ・・・
一夜にして 伸びている
元気な子達です♪
今夜あたり 頂こうかな~
可愛そうかな~
そう思いながら いつも見てお楽しみ
人参も大根も、サツマイモも
皆元気で芽を出そうとしてるね
外はまだまだ 寒いのに~


きものに合う小物 ショールの種類      
冬用をご用意されますなら
        カシミヤ ウール ベルベット等が理想です
        冷たい空気を首にあてないよう
        しっかり肩にかけますと温かくして過ごせます。
春秋用は  ウールレース 絹地単衣 総絞り 細い毛糸など

留袖 訪問着には
       冬ならベルベット あとレース系統
       織の着物なら カシミヤ  ウール 毛糸
       又は着物地でできたショール
       昔は防寒コートをよく来ましたが
       最近では長い羽織 コートを着用しますので
       大き目のショールを肩にかけています
       乗り物に乗車すれば温かいのでひざの上においています

  

これは
正絹ちりめん生地を絞り
模様をつけました。
このショールは現在
加工できませんので
ご了承ください

帯付姿で外出されます時、
ふわっと
やさしい布を肩にかけて
歩くときなんとオシャレかしら と
嬉しくなります
温かくなれば格別な
お楽しみが増えます
きもの姿のきれいなはんなり感
こもの次第で活かされます

今春新しい
デザインショール
発表されました。
近日入荷予定ですので
改めてご覧くださいませ




青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

久しぶりに餃子を作りました
餃子大きい皮2袋54個?56?
白菜 牛豚あいびきミンチ 
あといろいろ混ぜて
2日間パンにはさんだり 
あっと言う間に
無くなりました(笑)
仕事柄にんにくの香りだけは
ひかえて隠し味満載しましたが、
もう一つと言うところかしら・・・
子供が小さい頃はみんな大好きで
取り合いでした・・・・
愚息が一人
食べてくれました・・・(笑)  


Posted by おかあさん at 18:37Comments(8) きものに合う小物

2017年12月26日

冷たい一日でしたね


こんにちは♪
この道 いつも通るのに
気がつかない 気が付かない・・・
あまりの美しい 赤 赤が
声かけました・・・
冷たい風に耐えて  冬の美人
夕暮れの 公園は誰もいない
静かな 街の通り道
誰も振りむかないこの道に
年末の忙しさだけあるような
それでも お役目ですね
お疲れ様です♪
名東区一社南側



きものに合う小物足袋について

足袋にもいろいろ種類が有りますが、
40年前くらい前までは婚礼のお嫁さんが絹足袋を履かれていました。
この頃ではあまり足元迄考えず、
「一番安い物で良いです1回だけですから・・」
そんなふうに言われます。
足袋の生命は、真っ白い清潔さと足にピッタリ合う事が大事です
一般に言われるキャラコの足袋は、めの積んだ一番手の細かい方が
足になじみますし、しっかりしてきれいに見えます。
安物は糊ばかり効かせてあり、一度洗うと縮んでしまいます。
バーゲン物は縫製も悪く縫い目がほつれやすこともあります
化合繊は着物とと材質が異なると化合繊の方が強いので
きものの裾を切ってしまう事が有りますから要注意ですね。
コハゼの数は4枚が一般的です
5枚は足首は見えませんが、座った時着物になれた方ならいいでしょう
長持ちなど考えた時、良い物一点意識で、
お求めされるのがよろしいかと思います
きもの姿は足元から大事ですので気をつけて頂きたいと思います。
初釜 お茶会等は新しい足袋を下ろしたいものですね
ご参考になさって下さい
次回はお手入れについてです お楽しみに


サンタクロースがきたよ♪
ゴディバのお菓子

金色の包装紙に包まれて
クリスマスバージョンを
届けて下さいました。
ゴディバチョコを下さる方も有り、
ビスケットチョコも
大事に大事に頂いて
楽しませて頂いています
本当に・・・
いつもありがとうごいます♪



青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 21:57Comments(0) きものに合う小物

2017年12月24日

日々感謝です♪



ねぇ~ママこのお花 なぁに・・・
これはね まりママ のね
お弟子さんが、プレゼントしてくれたのよ・・・
しーろいお花 なぁに・・・
これね はぼたんの 赤ちゃんよ
ボクの 弟なの
うーんちよっと違うけど 可愛いね
こんなふううに どうしてなるの?
苔をくるくる巻いてね 水がちゃんと
吸えるようにしてあるのよ・・
ボクも ママもたのしいねぇ
そうね みなさんのおかげですよ
はい ママ このお友達 大事にしょうね
そうね そうしようね おりこうね
まりママにたくさん贈り物
うれしいね・・・・
そうねぇ・・・・・


 きものに合う小物 風呂敷(2) 
風呂敷にはとくべつに季節はありませんが
夏の薄物を着て、桜や、松等の模様が付いたものを
持つより、ちりめん絽の無地を用意されていれば
6月頃から9月頃までご利用頂けます。
いつの世も美意識を持ちたい私たちは
この頃包んでお届けする意識が薄く感じられます。
お正月3が日には松竹梅の模様
3月には桜 初夏には菖蒲やなでしこ
秋には萩 紅葉等の模様をつかい分けると
センスの行き届いた姿になる事でしょう
風呂敷は年齢より、少し派手目の物をお持ちになったほうが
綺麗にみえますね
明るい色目をもつと姿にうるおいが出ます
紙袋のままお届けするのでなく、風呂敷をぜひお使い下さい



   あいちゃん!!がんばれー

 この写真は
10月インドで行われた
アジア大会の物です



ばぁば バカですみません
東京で
ウインターカップ2017
あす10時40分から
バスケット頑張ります
皆さま平下 愛佳11番、の
応援宜しくお願い致します







青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
いつも明るく賑やかが好きです
やかましいくらい おしゃべりの中が好きです
そうして自分でエネルギーを作り
タンクに納めるのです 
お安いご用です がんばろっ
今年も後すこしですもの・・・・

  


Posted by おかあさん at 18:33Comments(2) きものに合う小物