2019年02月16日

温めるのが難しいね~


このお茶の立方は
流儀が有りませんが
丁寧な所作をするために
茶道的にご指導しています。

気軽にテーブルでお抹茶を
楽しむ事が出来ますので
とても有意義な
楽しい雰囲気になれます。

肩ぐるしいとか、格式高くてと
お思いの方には、
最適なお稽古になります
今までの見落としを
今日は特訓しました・・・

この寒い時期は
お茶椀を、熱いお湯で
ゆっくりと大きく回して
茶碗をあたためます。
何回も練習しましたね(笑)




茶筅をもう少し倒して軽く
混ぜるといいですね
つい力が入ります・・
茶筅先が折れますので
気をつけましょう


今日はテストのように
質問して答えてもらう事に
しました。
道具の事 それはなぜ どうして?
どんなことも聞かれても
お話ができるようになって頂きたのです
すっかり忘れている事がありましたね

その茶入れなんて言うの?
なぜお皿に 茶をすくうのが有るの?
それの名前は?
長ぼそい布が有るけどそれはなに?
意外と気が付かない意地悪質問(笑)

茶道的と 普通は大きな違いが有ります
ここでは戸棚にある物をなるべく使う事
必ずテーブルでする事 なのでとても気軽ですね
毎月1回土曜日の午前中のお稽古はいつも笑が絶えません
所が意外と先生は厳しいらしいです(笑)

3回単位でご指導させて頂いています。
茶道的にご指導させて頂きます
見学可能ですので
ぜひ遊びにお出かけ下さいませ



今日のお昼ご飯
酢ご飯を海苔ではさんだだけ
大根をお味噌で煮る
つもりでしたが時間がなく
急遽小さく切ってサラダ油で
炒めてベーコン入れて
はいっ出来上がり!
ほうれんそう 菜花
お浸しそれだけです簡単♪
身体に優しいお昼ごはんでした(笑)
後はおにぎりでお持ち帰りです♪
お疲れ様でした♪

青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:31Comments(4)まりの会作法教室

2019年02月14日

冷たい空気と仲良し・・・



梅の花が咲いていました・・・
この子達の思いはなんでしょう・・・
通り道 走る車を見送りながら
今日の一日に なにを考えるのでしょう・・・
花の道 人の道  社会の道
立派なはずの偉い人が
失言で、問題になり、追求され
タジタジした風景は言葉を失う
幼い子供が親の勝手で
可愛そうな事が続きます・・・
梅の一枝には硬い約束があり
それを必ず守り この時期
優しい微笑みで語りかける・・・・
冷たくても頑張るこの子達
見習わなくてはね・・・・



まりの会作法教室 木曜教室
ちゃびつの扱い お茶の事



どうしてもフタの
扱いが苦手な彼女は
何回も練習しました

ちゃびつはケヤキなので重く
扱いは慎重です
とりあえず
食籠(じきろう)を使い
練習しましたね

ここに名が有ったり 
蒔絵が有れば
蓋はうらのまま
お隣に渡すのですよ
茶道的にするとこの
菓子入れを使います
取り合えず茶席にも
間にあうようにお稽古します




木の重みで思うようにできません
左手がもう少し下に来ると
いいのだけど・・・


何回も練習しましたが
まだまだですね(笑)
熱心な稽古振りに
私も気合いが入りました(笑)
お疲れ様でした♪
沢山写真写しましたから
又きれいに整理するのでしょうね
次回はバッチシ ですね





当教室は作法教室ですので
扱いについて細かく丁寧に何度もご指導させて頂いております
茶道の中でも、十分に発揮できます
部屋の入り方 座布団の扱い 盆の受け方
挨拶の仕方 等 そんなに難しくありませんので
ひとつ技を身に付けると自信になり楽しくなります。
ぜひ見学にお出かけ下さい


青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
お稽古終りの挨拶をしようとしたとき
「お母さん 私どうしてもふたの扱いが
出来ないから見てもらえるぅー」
じゃあと私は食籠を持ってきて、見本を見せました
頼まれるという事は、時間惜しみません
私自身のためになります。
知っている事を全部伝える事が私の指針ですから・・・・




  


Posted by おかあさん at 18:50Comments(0)まりの会作法教室

2019年02月11日

今日もまだ寒く・・・・



まだ浅き春・・・・
冷たい空気が匂う曇り空・・・
伺ったお庭に 可愛い香り・・
小さな 春と出会いました・・・・


先日の事
余寒お伺い申し上げます と
手紙を書けばいいですよ と
教室にきたお弟子さんに伝えました。
この言葉は贈答の熨斗紙にも使えます
お元気な方には上記 
病気、不幸が有った方などは 
余寒お見舞い が理想ではないでしょうか
この季節 節分前に出しそびれた
寒中お見舞い   それに追って
どんな言葉が良いのでしょうか?

節分のあくる日 等 ご参考までに少し・・・
寒明けの頃    (立春後寒があけるので)
春まだ浅く   残る寒さ   余寒
暦では春と言え   等ありますが
お相手様の事を思いやる優しい言葉を
使えると良いですね
長々とせず、短い文章の中で、自分が頂いたら嬉しいな と
思える言葉を書いて送ると良いのではないでしょうか。
本を見たり、インターネッット等参考にした文章は
形が決まり意外と解りますので、日頃から挨拶の言葉を
一人しゃべりなどして作り上げる事も一つの案ですね

単発研修でご指導させて頂きます
まりの会作法教室では、雑学から日頃生活に必要な事
熨斗紙の使い方 金封の使い方 書き方 (筆記用具持参 して下さい)
ちゃびつ の使い方(ちゃびつに限り月1回3回単位)お菓子 お茶含む

ご相談の上都合の良い日に予定を組みます
グループも受けています。

物置のような小さな家屋ですが
ご希望の方はお気軽にご連絡下さいね
お待ち致しております。
(きもの販売はありませんのご安心下さい)












青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

地下鉄東山線終点藤ヶ丘駅から徒歩5分
車名古屋インター降りて3分です(本郷)  


Posted by おかあさん at 20:10Comments(0)まりの会作法教室

2019年02月09日

おでんを煮込みました♪


北海道では、大雪で
観測史上最強
過去最低気温マイナス24・5
信じられませんね
無事にお過ごしを
祈っています。
私たちの町は寒いけど
道を走るにも困る事はないし
有り難いです
このおでんを届けたい
気がします がそれには遠く、申し訳ないですけど
今回は来客様にお出ししています。



まりの会作法教室
ちゃびつの扱い(2)




一番の湯のみを茶卓に乗せて
左手にのせて2回手前にまわして
お客様に出します
この時
「お熱いうちにどうぞ」
と言って進めます。
茶卓の持ち方練習を
何回もしました・・・


お盆の位置
身体半分
左の事は左手で
右の事は右でします
この時右手をテーブルについて
左で出すとやりやすい
かもしれませんね・・・
お盆の湯のみが触りそうです・・・

普段に楽しく気軽にお茶をする
最近では喫茶店に
行かれる事が多いですね
お盆もいろいろあっても
見向きもしない人が多いようです
ちょっと見直し もしあれば
使ってみましょう
昔の知恵 清潔感を、ちゃびつから発見です



青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
  


Posted by おかあさん at 21:18Comments(0)まりの会作法教室

2019年02月08日

間違いに気が付きました。



先日2月3日に
投稿させて頂きました
ちゃびつの扱いに
湯のみ茶碗位置の
間違い写真を
載せてしまいました・・・

改めて説明を
させて頂きますので
ご参考になさって下さい

ちゃびつにはいろいろな種類が有ります
大中小の大きさに合わせた入れ方です
下に布巾が敷いてありますが
割れ物が入っていますので
ちゃびつに傷がつかない 
他の物と触れにくい等
安全をかねて入れてあります


この湯飲み茶わんの
出し方が有ります
順番に並べますが
お盆中央に座り、
右の物は右手で
左の物は左手で置きます



ちゃびつの蓋を
お盆にして、急須を
右上端に置きます
急須のふたの
取り方があります
(写真許可済み)




右手でとり
左手に受けて
右で置く
この取り方を何回も
練習します
ふたはお盆の右横に置きますが
テーブルに置いても構いません




茶葉を入れるまで
工程が有りますが
茶缶のフタの置き方
扱いが有ります。




皆さま大変失礼いたしました。
準備不足がありまして深く反省致しました
湯のみに湯を入れる 順番を図に書いてもらい
説明をしましたが、本番には間に合わず
私のうっかり手薄でした、

昨夜木曜日教室で、あれっなんだか変 ハッと気が付き
以前恩師の所でお稽古した物、書き留めた資料を見直しました。 
冷や汗をかく思いの私でした・・・
復習し、資料を見直していましたら深夜帰宅となりました。
ブログまで間違いを投稿してしまい本当に
お恥ずかし限りです。
約8年ぶりのお稽古でしたが
会員の皆さんも気が付いていないようです(苦笑)
それに安心せず心して精進してまいりたいと
自ら命じました。
今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。
青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 15:46Comments(2)まりの会作法教室

2019年02月03日

♪飲み会しました・・・・♪えっ?


飲み会とは、ちよっと違うわね
昔田舎に行くと
縁側でお漬物で
お茶をする
この時
ちゃびつから、湯飲みや
急須 茶卓 茶缶が
出てきます

そうです!
旅館に行くと
座卓の上に置かれている
ふた付きの 入れ物
ちゃびつです


このお稽古は
ちゃびつのふたを
お盆にします。
お盆の中央位置に座り
右への扱いは右手を使う
左へ扱いは左手を使います
 
湯のみにお湯を入れています
温めているのです
順番が有ります
これが難しいのです~

先日このお稽古の為に図案を描いて
もらいました。 答えは直に伝えないので
文を書いて残す 絵を描いて覚えて残すのです。
急須でお茶を入れる事は
めったになく必要ないくらいの時代です
ですが、この事をすることにより
自然と作法が身に付きますね
湯のみの持ち方 茶葉の入れ方
湯のつぎかた いろいろ学べます

お茶が入りましたら
茶卓に乗せて出します。
何回も練習
お茶の飲み会でした・・・

*細かい注意をしますが真剣に
 取り組んでもらいました・・・
*ポットを運びだす 
 ちゃびつを運び出す
*気軽にお話しながら扱いをします


これからしばらく茶櫃の稽古をいたしましょう

日本の文化の一つですが難しい事はありませんね
日常にあった事を振り返る大切にする心を 育む
たかがお茶ですがこの一杯が美味しいのです。
お稽古してみませんか?

青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 19:21Comments(0)まりの会作法教室

2019年01月06日

まりの会作法教室初稽古しました♪

青い屋根の普通の
小さな家屋から発信


今年の初稽古は
昨年1年の復習兼ねて
部屋の入り方
挨拶の仕方
お軸の拝見

笑いのうずから
はじまりました(笑)


ここは茶室では
ありませんので
気軽な雰囲気です



全員揃った所で
お免状の授与式を
しました。
私は一つ紋の無地のきもの
お手伝いの人は
訪問着を着ています
別に打ち合わせした訳で
ありませんが
皆さんお正月を楽しむ
かのようにきものでした・・・

手には真塗りの
進物盆に免状が
のっています。
名前を呼ばれて前に進みます


狭いながらも
「小幅で進めばいいのよ」と
昔恩師にご指導頂き
その言葉が
どれだけ励みなった事か
今日の日に
胸がつまりました・・・


「どんなに狭くても
工夫すればいいのよ
いかにその場を大事にするか
大事なのよ
仮床を作れば作法はできるわよ」
当時の緒事情をご理解頂き
ご指導頂いた恩師の言葉が
聞こえます・・・・
広い座敷が二間ありましたが
今では昔の話しです
今日はみなさんに
毎度の事ながら
不行き届きながら
「この部屋は茶室ではありません
作法の部屋です 普通の部屋なので
掛軸拝見は畳の所でして下さいね」
高価な物ではなく お稽古用の掛軸です・・・・・

イノシシの香合が置いてあります
袱紗は碌々斉好 松竹梅鶴亀 の名物裂
お作法的にたたみました


ハンドタオルに番号を書いて
箱に入れました
それを一人づつ取ります
思いもかけない
ビックゲームです(笑)
番号順に他人紹介を
してもらいました(笑)
予告なし ぶっつけ本番です 
これは楽しかったですね

香合の話し 掛け軸の拝見の仕方
お抹茶の頂き方
(内緒ですが、お代わりしたのです 
皆2服です(笑))

禅語の意味  
松無古今色 竹有上下節  の意味等
袖振り合うも多生の縁の深い話
スピーチ 味噌たまり??味付け濃い話で
盛り上がりましたね・・・・



菓子器の扱い
ふたの扱い
何度も練習しました
花びら餅の説明を
きょうりんがしました。




「先生昨年は改名したと言われ本当かと思った、
わんこだったけど今年はどんな名前にしたの?」
「今年は ししこ になりました ・・ 」 爆笑  ししこ・・・?
「思志子 思う志す みんなと共に・・・」
皆さん なるほど~ 納得でしたね(笑)



みなさまご遠方からお運び頂きまして
ありがとうございました、 お疲れ様でした♪
今年も宜しくお願い致します ししこより  


Posted by おかあさん at 19:44Comments(9)まりの会作法教室

2018年12月16日

お作法教室納会をしました♪



今年最後のお稽古
納会をしました


挨拶とは何か?
みなさんに尋ねました
理解しているようで
うまく説明できない
字を分解する
こどもたちに、
解るように 話す事
流れのごとくでなく 
調味料のように 
言葉に味をつけるように と
説明しましたね・・・

挨 積極的に近づく事
拶 切り込んでいく事

相手に近づき相手を知る
自分の様子を相手に知ってもらう事です
いつも自分と言う人に挨拶して
どんな顔をしているか
辛そうな顔をしているか 明るい顏をしているか
幸せそうな顔をしているのか 怒っているのか
鏡に向かって自分磨きする
挨拶は先手必勝ですので 進んで
優しさ、温さ、なと全体で伝えるような挨拶 
そしてそのような人に逢えるように願いながら
心込めて挨拶しましょう
はっきり すっきり しっかり 微笑み で しましょう
そして指針を持ってすごしましょうね




うずみ豆腐を皆さんに
お出ししました


茶道的でなく 
昼食に用意しましたが
先日の大きな大根は 
はんぺいと煮まして
葉を揚げと炒め煮しました
ゆずり葉を敷いて焼魚 お漬物
お椀に 新米ご飯 豆腐 に味噌汁を
かけて ゆずをのせました

昆布が敷かれた大きな鍋に
お豆腐を入れて1時間ほどゆっくり
温めて 大き目のお椀に入れました
アツアツご飯 お豆腐はお口に
あいましたでしょうか・・・・
 
ゆずり葉の説明  
うずみ豆腐の事を説明しました。



一人ずつ
今年一年の思い出
思った事等スピーチを
してもらいました。
講義の後 
紅茶をのむ事になりまして
しばらくおしゃべりして、みなさん
帰られました。

どうぞ風邪を引かないようにお元気で
お過ごしくださいませ。
今年一年お世話になりました
良い新年をお迎えください。


青い屋根の普通のちいさな家屋から発信  


Posted by おかあさん at 17:54Comments(10)まりの会作法教室

2018年11月17日

感謝の一日♪



少し痛みかけた所を確認されて
眼鏡ケース見られていました・・・
誕生日のプレゼント
本当にありとうございました♪
身体に良いから と毎回
しょうがのはちみつ
元気の出る 大好きなお花達
朝から メール メール・・・・
電話の鳴る日 来客の日
多忙多忙で夕暮れになりました・・・
幸せいっぱい頂きました
本当にありがとうございました。



まりの会作法教室
流儀のないお抹茶の立て方
お盆の扱い

第3土曜日午前10時~1130分迄(都合に寄り変更もあります)
ほとんど時間オーバーでお稽古しています♪

櫻園さんのお菓子です

ケヤキのお盆にのせました
可愛いお菓子は
ゆずの味です
お菓子の包みは
わざとしてあります
お持ち帰りも出来るように・・・



お盆の扱い
丸廻しを忘れましたね
3回目にやっとできました
出来る迄、
四方廻しも練習しました
見守り ながらご指導します
目上目線からでなく
一緒に考えるのです
勇気を持つ 気持に入れる 
優しく 答えを伝えます


お盆の中に今回は
抹茶が入っていた
茶缶を使いました
なぜか どうして 
ここでは説明控えますが
話題作りも大切、何時も
淡々と話すのではなく
簡単なお点前だからこそ
それぞれに話題を作ります。
大笑いムードになります
決して道具をムリして求めない
在る物を有効に使う事を伝えています




岡崎の櫻園さんです
レンジでチーンしてあげました
ずっと食べたいと
思っていた みたらしは
岡崎から登場です(笑)
1本お先に頂戴しました・・・・(笑)







本日も有り難い一日   ありがとうございました
青い屋根の普通のちいさな家屋から発信

  


Posted by おかあさん at 18:07Comments(8)まりの会作法教室

2018年11月15日

どんな事も一歩前に・・・



長久手市 市役所 北から西をみた 
夕暮れ そらの色 向うに
希望を感じる 色合いに 出合いました。
稲刈りも済んで 広々
帰り道に スケールの広い
映画を見るようでした・・・・
秋から冬に向かう季節
こんな不思議を感じる事は
めったにない私
毎日多忙に 励まされました
お疲れ様でした・・・
がんばれー・・・
そんな気がしました・・・・



まりの会作法教室これからの学び
物置から さっそうと登場です
お盆のいろいろ


お盆の裏に
久留米 九籃とありました
らんたい漆器と言う盆です
籃(らん)は竹籠を意味して
竹籠を表地にした
漆器と言う意味だそうです。
歴史は新しく明治の始めに
できました。
唯一国産伝統工芸品です。
全て手作りで仕上がりました
作法教室では これらの歴史を伝え、
扱い方など練習します






加賀 桐蒔絵
可愛い菓子器

昔のお話
軽量が尊ばれて
魔除け等伝統もからみ
殿上人にもてはやされ
桐火鉢は一名御殿火鉢とも
云われ桃山時代宮中で愛用
されました





ここにどんな
お菓子があうかしら
この葉を敷いて
可愛いお菓子を入れて
見ようかな・・





生徒さんが
年輪を数えていました・・・
ふたの開け方 持ち方 渡し方の練習
次回しっかりしましょうね

写真写して記録して頂きます
雑学の中でも道具の扱いをきれいに丁寧に
して頂く事を重視しています



青い屋根の普通のちいさな家屋から発信
今年後半から来年1月は ちゃびつ の
扱いをします、このごろではあまり使いませんが
昔は縁側でお茶をよくしました
茶びつ (茶櫃)には
急須 湯飲み 茶入れ 茶卓がセットになって入っています。 
若い人達に、久しぶりにお稽古して頂きます
皆さん頑張ってくださいね
きっと忘れてるね~  早速カンニングするかな(笑)
お見通しですよ~(笑)







名古屋JR駅前 クリスマスツリー  


Posted by おかあさん at 19:47Comments(0)まりの会作法教室