2014年05月09日

爽やかな季節 お召のきもの


西陣縞お召のきものと
森の動物 リスの音楽会 
九寸なごや帯(お値うちです)
オシャレで楽しい帯です。





西陣お召について(5)
織り方 模様からの様々な名称
縞お召    
   堅縞 横縞を織りで表現したものです
紋お召    
   紋織(もようおり)によって模様を
   出しています。男性のお召に多く見られ
   ます。
縫い取りお召 
   模様部分を別糸であらわしています。
風通お召   
  二重組お召で表裏の色が反対に現れます。

どれも染めのきものと違い、重みのある生地となっています。
織なのにどことなく品があり、柔らかな雰囲気と何とも言えない
味わいは、お召ならではの表現からではないでしょうか。

ソラマメの思い出
5月の端午の節句も過ぎて、暦では小満
このころ旬の野菜と言えばソラマメとか・・・ふと亡き母を思い出しました。
さくらの花が終わると野菜が豊富に出回りますが、この豆は鮮度が大事で、
すぐに茹でないと美味しく有りません。
子供のころ母が茹でたソラマメをおやつ代わりに食べた事があり、
指に皮をかぶせて、ふざけた事がありました。(笑)
久しぶりに求めて塩ゆでしました。 ソラマメの皮は皆さんどうされますか?
食べても構わないのですが、むいて中身のみ頂く方が本当のうまみが
味わえるそうです。 旬の物を食べると体にもいいそうです♪
いろんな頂き方があると思いますが、今回は単純に昔を思いながら、
旬を味わいました・・・  皮を指にはしませんでしたけど(笑)にっこり  


Posted by おかあさん at 16:02Comments(0)西陣お召について

2014年05月06日

爽やかな季節 染名古屋帯


小千谷夏紬絽生地にオモダカの模様
白の帯芯を入れますと涼しげです。
5月下旬から9月頃までご利用頂けます。
生地の素材が駒絽と違いおしゃれな
趣があります。

単衣の織きもの、夏単衣の無地 小紋 附下
幅広くご利用頂ける逸品でございます。
使うほど愛着の湧く素敵な名古屋帯を
ぜひご覧くださいませ。
JCB VISA加盟店カード払い可能



糸目友禅で、花には京刺繍がしてあります。
すべて手加工ですので、染め上がりの味わいも
一味違う雰囲気ではないでしょうか。
今ここにあなただけの帯がいます♪
ギャラリー森の響でご覧いただけます。
 春夏秋冬 染名古屋帯展 
 5月14日~19日(最終3時迄)
 ℡ 0561ー73ー8763



西陣お召について(4
シボのあるお召  
仕上がりも広幅に織り、温湯でもんで糊を落とします。
縮んでシボの強くあらわれた生地を幅だしをして、通常の反物に仕上げます。
布面がなめらかなお召
蒸気を当てる湯通し等で糊を落とします。布面に縮みが生じますが、
生地の幅だしをすると、布面は。平らに見える状態になります。
普通の平織の地風とはどこか違う、むっくりとした、シャリ感が
お召ならではの風合いといえましょう。
今からの季節 私は普段着に単衣仕立てで着用していますが、しわにならず
身体にべたつかず快適に過ごしています。
お出かけ お茶席、おしゃれに、一枚あると使い道に便利なきものです。
青い屋根の普通の小さな家屋から発信
ここで着付け教室 お作法教室をしております。
  


Posted by おかあさん at 17:38Comments(0)西陣お召について

2014年05月01日

爽やかな季節になりました♪


 若葉の緑もすがすがしい頃
 爽やかな5月となりました。 
 小千谷夏紬染名古屋帯でございます。
 丸一個ずつ描いた逸品
 帯幅調整も出来、単衣小紋 無地 等に
 楽しく ご利用頂けます。
 これからの季節に適しています。
 ギャラリー森の響でご覧いただけます。
 春夏秋冬 染名古屋帯展 
 5月14日~19日(最終3時迄)
 ℡ 0561ー73ー8763


    西陣お召について(3)
  特徴
 お召の生地が、ほかの絹糸織物と最も違う点は、緯糸に御召絹と呼ばれる、
 強撚糸が使われている事です。
 右撚り 左撚りと方向の違う強い撚りをかけて糊付けした糸を、交互に織りいれ、
 上がったあとに生地の糊をおとすと糸の撚りが戻り、布面のちじみが生じます。 

 
                        お作法教室が始まる前に♪
 
  みなさんがもうすぐ来るかな?
  そんなこと考えながら
  あつあつおにぎりを作ります。
  今日は梅干し入りです・・・
  一口召し上がれ♪
  勉強 一分スピーチの練習 香の歴史話

 長い事通って下さる皆さんとは、言いたい放題 
 この頃親に口答え等しませんが、ここは特別らしい・・・
 学ぶときは真剣 許されるなと思えば即座反抗?まるで家族です。
 和気合い合いと言いましょうか
 年齢関係なく溶け合った仲間たちの集いです。
  青い屋根の普通の小さな家屋から発信  
   お気軽にお立ち寄り下さい。  


Posted by おかあさん at 15:24Comments(0)西陣お召について

2014年04月29日

駆け込みの一日


西陣お召について(2)
お召とは、本来「着る」と言う尊敬語で、
その名の由来は、徳川11代将軍家斉が
愛用した、高級縮緬の類を、お召と
呼ぶようになりました。
お召は、公家や将軍の日用の衣類として
使われており高貴な方の御召物を意味する
御所言葉「御召」でありました・
写真は2年前「御召ものがたり」の物です
素敵な着物になりました♪
 





朝から一日雨の日・・・
瑞浪市で市民茶会がありました♪
友人と有意義な時間を過ごしてきました。
雨の日でも、着物を着てお出かけの人が
多く、格の高さと、茶道に対する肝要さを
見たようでした。
場所に合った気配りは嬉しく、
呉服屋としても着用して頂ける事は
有り難い事でした。
大勢の人が来られて、賑わい、
良かったなと、感謝して帰りました。♪

もう4月も終わり、5月飾りを見ながら、日々の過ぎる事のはやさに驚きです。
月末は、何もかも忙しい・・・
はぁと溜息つきそうな私でしたが、
白馬が代わりに売り上げを背負い、走って駆け込んでくれました・・・
ふ し ぎ・・・?   本当にありがとっ 無事一ヶ月終りました(笑)

青い屋根の普通の小さな家屋から発信♪
着付け教室 お作法教室をしています
  


Posted by おかあさん at 17:01Comments(0)西陣お召について

2014年03月31日

春がきました♪ さくらだより・・・


名古屋方面からグリンロード大久田東を左に
回るとしばらくの間さくらトンネルです。
昨日と変わり、晴天となりましたので
花たちは一気に咲き始めました♪


長久手市杁ケ池公園のさくらです。
公園内は今見ごろです。お散歩しながら
春満喫いかがでしょうか音符



単衣御召(おめし)でございます。
ところどころ紗織りになっていますので、 
これからの季節最適かと思います。
着物でも長コートでもご利用頂けます。
京都西陣で織りなされた生地でございます。

西陣御召について(1)
御召は江戸時代に京都の西陣を発祥の地として
生まれました。
昭和40年代を最盛期として、それ以降減少の道をたどっており、
現在では取り扱うメーカーも少なくなりました。
でもデザイン的な見た目、風合いと言った物は現代の
消費者の、ニーズに対して充分打ち出していける魅力ある反物です。
伝統から生まれる西陣の技術の素晴らしさを皆様に
お伝えしていきたいと思います。

青い屋根の普通の小さな家屋から発信

  


Posted by おかあさん at 12:11Comments(0)西陣お召について